【LEE@輸入ビジネス】

PDCAサイクルで最も重要な事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

以前にも少し触れたPDCAサイクルで

 

最も重要な事をお伝えしたいと思います。

 

 

おさらいしますね。

 

 

PDCAとは以下の事を指します。

 

 

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する

 

Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う

 

Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する

 

Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

 

 

トライ&エラーとも少し意味合いが似ていますが

 

非常に簡単に言うと「計画→施策→実行→改善」

 

これを繰り返す事により

 

ビジネスは良くなると言われています。

 

 

しかし、この中で最も重要な「改善」を

 

意外にもしていない事があります。

 

 

PDCAで言うとCAです。

 

 

それは何故かと言うとPDで満足してしまうからです。

 

 

「この方法であれば〇〇が良くなるな」

 

 

と言うぼんやりした考えているために

 

PDで満足してしまいます。

 

 

計画に対する施策を練り実行し、

 

それから「効果測定」を行う事が

 

一番重要です。

 

 

そもそも大前提として必ず目的があります。

 

 

例えば購買率を0.1%上げたいとか

 

顧客単価を2000円上げたいとか

 

リピート率を1%上げたいとか

 

1時間当たりの儲かる商品を探す個数を上げたいとか

 

 

その目的に向かうために計画を作り、

 

施策を練るのですが

 

目的が何なのか解らないまま

 

計画→実行 してしまう事で

 

CDの改善する所まで至らない事があります。

 

 

そしてここで言う目的は、

 

数値化できているか否かも

 

1つ重要なポイントです。

 

 

先程例に出した以下には全て数字が入っています。

 

 

<例えば購買率を0.1%上げたいとか

 

<顧客単価を2000円上げたいとか

 

<リピート率を1%上げたいとか

 

<1時間当たりの儲かる商品を探す個数を上げたいとか

 

 

このように数値化できる目的を

 

まずは見つける必要があります。

 

 

それでは具体的にPDCAの

 

例を出してみましょう。

 

 

■Amazonの売上げを月に10万円上げたい場合、

 

 

P:カートボックスを獲得率を50%にする

 

D:そのために価格を最安値に設定する

 

C:カートボックス獲得率をチェック

 

A:取れていないなら改善する

 

 

※50%、10万と言う数字は関係ありません。

あくまでも例です。

数値を入れる重要さを記しています。

以下の例も同じくです。

 

 

■ヤフオクの売上げを1週間に15万円上げたい場合、

 

 

P:ヤフオクの即決受注率を30%に増やす

 

D:即決の場合は送料無料に設定する

 

C:即決が増えているか、ウォッチが増えるかなどチェック

 

A:売れていないなら改善する

 

 

■ネットショップの売上げを1日1万円上げたい場合、

 

 

P:PPC広告で100アクセス集める

 

D:PPC代行会社に依頼する

 

C:CPA、CPCをチェックする(もちろん受注数なども)

 

A:売れていないなら改善する

 

 

このようにDで満足してしまい、

 

「○○をやったから売上げは上がるだろう」

 

「○○をやったから売上げが上がるかも」

 

このように安易に考える事は良くありません。

 

 

「○○をやったけど売上げは上がっているのか?」

 

「○○をやった効果はどうだろう」

 

このように必ず「効果測定」を行いましょう。

 

 

効果測定を行わなければ

 

改善の余地がありません。

 

 

効果測定を行い、結果に基づいて

 

より良くするための方法や改善を

 

して行く事がPDCAでは最も重要です。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*