【LEE@輸入ビジネス】

LEEが多店舗展開を一旦ストップした理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

香港に来ています。

 

 

空港でメルマガを書こうと思いましたが

 

僕には無理みたいです。w

 

 

ホテルで書き直しているところです。

 

 

現在私はほとんどの収益を物販で生んでいます。

 

 

たくさん店舗を作った事もありましたが、

 

現在はどちらかと言うと縮小しています。

 

 

何故かと言うと「分析しきれない」ためです。

 

 

「何故か解らないけど勝手に売れる」

 

このような事は多店舗展開をしていくと結構あります。

 

 

それはそれで収益になるので良いのですが、

 

最終的に利益はいつか止まります。

 

 

多くの店舗を持つと管理しきれないのです。

 

 

私の会社は現在私以外に4名のスタッフに手伝ってもらっており、

 

以前より私の物販の負担は比べ物にならないくらい

 

少なくなりました。

 

 

しかし、以前にも増してしっかり分析できています。

 

 

それは何故かと言うと

 

各スタッフに日報をもらい、

 

数字を把握している事と、

 

1スタッフが1媒体を管理しているので、

 

細かい事にスタッフが気付けるからです。

 

 

一人物販の時にネットショップ10店舗以上、

 

ヤフオク2ID、Amazonを管理していましたが、

 

処理に追われ、細かくは分析する事が困難になりました。

 

 

現在はスタッフを増やして分析に力を入れています。

 

違う言葉で言うと分析ですね。

 

 

たくさんあったサイトもいくつかは閉店し、

 

力を入れるサイトを育てています。

 

 

そうする事によって無駄なコストを削減でき、

 

利益を最大化できます。

 

 

何が言いたいかと言うと

 

「浅く広く」より「太く狭く」ビジネスをしていく方が

 

大きく稼げると言う事です。

 

 

一番ベストは太く広くですが、

 

一人の力では難しく、

 

優秀なパートナーが必要です。

 

 

ですので、まずは「太く狭く」ビジネスを

 

展開する事をオススメします。

 

 

・ネットショップであれば

 

アクセス数

ユニークアクセス数

購買率

直帰率

PPC広告のCPA

 

 

・ヤフオクであれば

 

落札数

アクセス数

ウォッチ数

 

・Amazonであれば

 

ランキング

ビジネスレポートの数字

 

 

などの数字の分析は必項です。

 

 

多店舗展開ももちろん大切ですが

 

物販を2年少しやってきて強く感じた事は

 

少店舗で利益を最大化する事が

 

効率が良く、簡単です。

 

 

 

最もオススメする方法は

 

多店舗展開はマーケティングととらえ、

 

その後、数字を分析して優秀な店舗や方法を育てて行く事です。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*