【LEE@輸入ビジネス】

ECを実店舗に置き換えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

EC上の物販を実店舗物販に置き換えましょう。

基本的にECサイトやプラットフォームと

実店舗は同じと考えましょう。

例えば

アクセス=来客数、来場者数

購買率、コンバージョン率、転換率=購入や成約

カート=レジ

カート周り=レジ周り

プラットフォーム=ショッピングモール、百貨店

自社サイト=実店舗

オークション=フリーマーケット

このように基本的に同じです。

自社サイトの分析や

プラットフォームの分析は

実店舗と比較すると非常に解り易いです。

またITリテラシーが低い方に

自分の仕事を伝える時にも

実店舗用語を使うと非常に解り易いです。

これは私が会社員の時に営業先で

社長と話す時に、気を付けていた事です。

余談を話すと当時営業する際に

基本的に知らない言葉は好まれなく、

両者が知っている共有できる言葉で説明すると

非常に仲良くなれました(笑)

オークションはフリーマーケット

とにかく安い商品や、珍しい商品がよく売れます。

必要無いのに、安さ故に買ってしまう事がよくあります。

カートはレジと同じなので

奇麗な方が良いですね。

カート周りが汚い店舗より

奇麗な店舗で買い物したいです。

アクセスは来場者数、来客数、

つまりいかに立地の良い場所にお店を出店するか、

またはいかに広告を使って集客するかがポイントになります。

購買率、コンバージョン率、転換率=購入や成約

いかにちゃんと接客して購入してもらうか。

ただし、接客しなくても需要と供給が伴っていない商品は

売れていきます。

プラットフォーム=ショッピングモール、百貨店

いかに費用対効果の高い百貨店に出店するか、

地代と集客力のバランスが大切で、

そのバランスにより費用対効果が高いか低いか決まります。

イニシャルコスト、ランニングコストも

アクセス数や百貨店全体の商流、ターゲット層も

もちろんポイントになります。

このようにECの分析を解り易く人に伝えたり

簡単に分析しようと思うのであれば、

実店舗に置き換えて考えてみる事をオススメします。

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

EC上の物販を実店舗物販に置き換えましょう。

 

 

基本的にECサイトやプラットフォームと

 

実店舗は同じと考えましょう。

 

 

例えば

 

 

アクセス=来客数、来場者数

 

購買率、コンバージョン率、転換率=購入や成約

 

カート=レジ

 

カート周り=レジ周り

 

プラットフォーム=ショッピングモール、百貨店

 

自社サイト=実店舗

 

オークション=フリーマーケット

 

 

このように基本的に同じです。

 

 

自社サイトの分析や

 

プラットフォームの分析は

 

実店舗と比較すると非常に解り易いです。

 

 

またITリテラシーが低い方に

 

自分の仕事を伝える時にも

 

実店舗用語を使うと非常に解り易いです。

 

 

これは私が会社員の時に営業先で

 

社長と話す時に、気を付けていた事です。

 

 

余談を話すと当時営業する際に

 

基本的に知らない言葉は好まれなく、

 

両者が知っている共有できる言葉で説明すると

 

非常に仲良くなれました(笑)

 

 

オークションはフリーマーケット

 

とにかく安い商品や、珍しい商品がよく売れます。

 

必要無いのに、安さ故に買ってしまう事がよくあります。

 

 

カートはレジと同じなので

 

奇麗な方が良いですね。

 

カート周りが汚い店舗より

 

奇麗な店舗で買い物したいです。

 

 

アクセスは来場者数、来客数、

 

つまりいかに立地の良い場所にお店を出店するか、

 

またはいかに広告を使って集客するかがポイントになります。

 

 

購買率、コンバージョン率、転換率=購入や成約

 

いかにちゃんと接客して購入してもらうか。

 

ただし、接客しなくても需要と供給が伴っていない商品は

 

売れていきます。

 

 

プラットフォーム=ショッピングモール、百貨店

 

いかに費用対効果の高い百貨店に出店するか、

 

地代と集客力のバランスが大切で、

 

そのバランスにより費用対効果が高いか低いか決まります。

 

 

イニシャルコスト、ランニングコストも

 

アクセス数や百貨店全体の商流、ターゲット層も

 

もちろんポイントになります。

 

 

このようにECの分析を解り易く人に伝えたり

 

簡単に分析しようと思うのであれば、

 

実店舗に置き換えて考えてみる事をオススメします。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*