【LEE@輸入ビジネス】

901号「共同経営が失敗する理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
459063247-320x202

こんにちは。

LEEです。
「一緒にビジネスしませんか?」

そんな事を言われた経験はありますか?
友人起業家と出てくる話の中で、

過去の失敗あるあるで多いのが

共同経営での失敗です。
またはJVによる失敗あるあるです。
必ずしも失敗をする

という事ではありませんが、

失敗するケースには特徴がある事です。
実際に何名も見てきましたし、

理由は明確です。
それはビジネス(会社)は生き物だからです。
生き物だからこそ、

1つの軸で動いているため

その軸が二人いる事により

ぜんぜん違う方向に進む場合があります。
ですので会社の理念が必要になります。

会社の理念が無いとただの

ただの個人個人が一緒の場所で

仕事をしているようなもので、

会社にしている意味がありません。
理念や決め事があるからこそ

このパターンならAでしょう。

このケースならBではなくC!

と言う判断基準などが統一出来てきます。
しかし、それが個人が個人が

ただ一緒の場所で一緒の仕事を

するだけならそれぞれの

その時の判断基準や感情で

道を選んでしまうのでうまく行きません。

バラバラの人間が1つの事をするには

理念や決め事が必要です。
そして、

最も共同経営がうまくいかない理由は

・縦関係がない

ためです。
横の関係だけですとビジネスでは

高確率で人はモメます。笑
もう1つの理由は

余剰ビジネスと言うか副業なら

大丈夫なのですが、

お互いが本業の場合で

共同経営をする場合や

余裕がないタイミングで

共同経営をする事は難しいと感じます。
例えば出資の比率が違ったり

あくまでも横並びではなくて

誰かがトップでもう一人はサブと言う

縦関係ではないとなかなか

共同経営は難しいですね。
そもそも共同経営って

1足す1が2ではなく

3以上になる時ではないと

一緒にやる意味がありません。
1すごくお金を持っている人

2お金はないけどビジネスセンスがある人

一緒にやる事により無い所を補えるので

共同経営でもうまく行く場合があります。
この場合は1の人が出資比率が多いので

もちろん権限比率も1の人の方が持つべきです。
それはリスクを背負っているためですね。
資本もスキルも同じような人が

共同経営をしたところで

1+1=2

どころかモメたりレバレッジが効かないので

1+1=1.5

ぐらいになる感じです。

(それ以下の場合もあります。)
ですので共同経営やJVをやる場合は

・お互い副業で余裕がある

・縦関係が有る(出資比率、権限比率)

・一緒にする人の事を心から尊敬信頼出来る

このどれかの条件をクリアした場合のみ

一緒にやってもいいと思います。
セミナーで出会った人と

乗りで一緒にやりましょう!

ってなる事もありますが、

条件を満たしてない場合は

おすすめできません。

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
– 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 –
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*