【LEE@輸入ビジネス】

900号!「物販の売上は他人が決めている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
509682863-1-320x202

こんにちは。

LEEです。
ビジネスをする上で

忘れては行けない事があります。
それは自己満にならない事です。
ビジネスではあくまでも

価値とお金を交換しています。
価値と言うのは商品を得た時に

感じる事が出来る

体験による価値の事です。
その物やサービス自体に

価値はあまりありません。
売り手と買い手がいて初めて

価値が生まれます。
物やサービスだけがあっても

顧客がいなければ価値は0です。
その物やサービスを作った事業主が

いくら素晴らしいと感じていても

誰も共感してくれなければ

価値はありません。
何故買わないのかな?

何故売れないのかな?
と言う事を感じる事もありますが

逆に言うとその商品を買う理由が

そのお店で買う理由が

あまり無いと考えると次の課題が

見えてきます。
売れ無い商品はその価値を

感じている人は0に近いと言う事。
もしくは0じゃなくても

0に限りなく近い事。
・どこよりも品揃えが豊富

・どこよりも丁寧な対応が魅力

・どこよりも価格が安い

・何となく悪く無いお店で決済がスムーズ

・ここのお店でしか買えない

・口コミが良かった

・保証がすごい

・電話注文が出来る

などなど
「物販の売上は他人が決めている」

と言う事は忘れてはいけません。
私達事業主は売上や利益を出すために

日々活動していますが、

実際は他人が全て評価して決めています。
当たり前ですが

他人がたくさん集まって

市場(マーケット)になり

そこから需要が生まれて

そこの供給していく事で

商売が成り立っています。
私はたまに物販事業者にこう

質問を投げかけます。
「この商品は何故買うんですか?」
この質問って結構重要で

明確に答えれる人って

実はあまりいません。
すぐに答えが出無い場合は

是非顧客の事をもっと

知ると良いと思います。
買う理由を聞く事が出来れば

一気にビジネスは加速します。

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*