【LEE@輸入ビジネス】

886号「久々にガチで現場に立って思った事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
176522777-320x202

メリークリスマス!

LEEです。
最近リソース不足で

私がガチで現場に立ってます。

・梱包

・管理表の入力

・顧客の電話に出る

・雑務

などをスタッフと一緒に

やっています。
本当に久しぶりなので

全く出来ない事も多くありました。
あ、梱包だけはやはり誰にも

負けない程

素早く正確だと思います。笑
しかし

正直私は配送伝票を出す方法も

知りません。汗
昨日は印刷した配送伝票を

箱に貼る事さへどこから

シールをとればいいの?

と言うレベルでした。
現場を手伝っていると

自分が作ってきた仕組みなのに

今となってはスタッフの方が

理解している事が多くありました。
そこで

かなり見えてくる事が

ありました。
一番感じた事は

「当たり前の基準が人により異なる」

と言う事でした。
人って基準が全く異なります。
歩くスピードも違うければ

食事をするスピードも違う、

寝る時間も違いますし、

心拍数も当然違います。
このように人って

基準が唯一である事が

わかります。
そしてその基準を

「共有する事が非常に大事」

と言う事も同時に感じました。
自分が先頭に立って走ってきた事を

やはりもっと教えてあげるべきで、

自分だけ走って行ってもダメだと。
例えばエクセルの使い方

ググったり本で簡単に学べますが、

もっと便利に使える「基準」を

知らないとその基準に向かおうとも

しません。
中小企業が成り立つ理由って

ほぼ社長のマンパワーです。
逆に言うと社長がいなければ

成り立たないと言う事です。
4年前から自分だけが走り続けても

ダメだと感じるようになり、

雇用を続けていますが、

いままで以上にスタッフには

色々と共有していく必要があると

現場に出てより強く感じました。
基本的にスタッフには

考えて欲しい&発想力を生かしてほしい

のであんまり現場に口を出さないように

していましたが、

もっと価値観や基準値を

共有していく必要があります。
これは外注さんともですね。
例えば

「これ今日までに出来そう?」

と聞くと

「どうですかね…出来ますかね…」

と言う回答があったとします。
経営陣はこう考えます。

「出来る方法を考えます」
しかし作業員はこう考えます。

「出来ない理由を探す」

※うちのスタッフではありません。
これが一緒に働く上で

最も辛い分かれ道です。
今後弊社では

誰もが経営陣のように

「作業」ではなく「仕事」を出来るように

もっと基準を共有をしていこうと思います。
でも思い返してみれば

基準値って人の基準値を

知って初めて目指せます。
私も周りの友人や先輩経営者の

基準値を見て上がった部分もあるので

是非、自分が尊敬している人の

基準値に触れてみる事をお勧めします。

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*