【LEE@輸入ビジネス】

880号「物販の方向性は二択」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
486884225-320x202

こんにちは。

LEEです。

 

物販を本職にするなら

2通りの道があります。
1 一人物販

2 組織物販
必ずどちらかの方向に

進むと思います。
2の方が大変なので

主に1の人が多いですが、

それぞれメリットデメリットが

あります。
※税金面は今回は考慮しません
結構多くの人が

これからどうしようかな?

どんな方向に進もうかな?

と悩んでいる人も多いので

今日はシェアします。

一人物販のメリット

・一人で好きな時間に仕事ができる

・誰にも監視されない

・家から出なくても良い

一人物販のデメリット

誰にも監視されなく、自由な分

・モチベーションが続かない事が多い

・作業はオンオフの切り替えが難しい

・生活出来る最低限の数字に落ち着きがち

・課題を見つける事が難しい

・実務時間が多いので考える時間が少ない

・自分が倒れたらビジネスが回らない

・一人で出来る範囲のビジネスしか出来ない
組織物販のメリット

・継承、売却が出来る

・考える時間が増える

・黒字方向にレバレッジが効く

・人間性が高くなる

組織物販のデメリット

・資金が多く必要

・事務所があった方が良い

・人へのマネジメントの時間が必要

・赤字方向にもレバレッジが効く
この他にもまだまだありますが

ざっくり上記のような感じです。
結構組織化を目指す人と

一人物販とでは

やり方や師にするべき人も

異なります。
私の場合は一人物販1年が

ちょうど経過する時に

組織物販を選択しました。
考え方は人それぞれですが、

私の場合は時間を人件費で買った

ようなものでした。
一人で多忙な中で100万の稼ぎより

一人雇って50万の稼ぎだけど

時間がある方を選択しました。
かれこれ累積アルバイトを含めると

10名前後雇用してきた事もあって、

・実店舗を作ったり

・海外に20カ国ぐらい行ったり

・事務所を何回も移転したり

・セミナーをやったり

・ビジネススクールを運営したり

と色々な事が出来ています。
一人物販なら上記のような事は

不可能だったでしょう。
価値観や優先順位は

人それぞれですので

一人物販でも組織物販でも

合うものを選べばいいと思います。
個人的な意見としては

面白そうな方、

あるいは

やりがいのありそうな方を

選ぶ事をオススメします。
至ってシンプルで

やりたい事はどんどんやって

やりたくない事はどんどん

削っていけばモチベーションの

低下も防げますし、

楽しくビジネスが出来ます。
まずは一人物販か組織物販か

何の方向に進むかを決めましょう。

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
– 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 –
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*