未分類

841号「本日終了、残り9名」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
touch- tablet in hands Business man

こんにちは。

LEEです。

 

先日ご案内した

アマゾン広告に関する新サービスには

本日で先着20名の募集を終了します。

 

弊社のパートナーとして

残り9名のみ参加が可能となっていますので

興味がある人は早めに申し込んで下さい。

 

 

募集終了間際に申し込みが

殺到します。

https://www.evernote.com/shard/s245/sh/63b6ab0d-d89b-4847-998b-749434cad0e2/175eea45001684a5

今日はかなり物販において

重要な記事を書きます。

 

かなり長いですが、

ためになる人には

かなり参考になると思います。

 

 

それでは行きます。

集客で最も即効性があり

結果が出やすいのが広告です。

 

広告と言えども

広告こそ本当に奥が深いです。

 

 

そのうち2つ、

重要な考え方をシェアします。

 

※とっておきの情報もシェアします…

その前に少しだけ

集客について補足しますが、

集客次第で

砂漠にお店を立てるのか?

一等地にお店を立てるのか?

ぐらいの集客力の違いがあります。

 

 

そして

アマゾンの広告は砂漠に

出店出来るような費用で

一等地にお店を立てる事が出来るぐらいの

アクセスおよび売上を見込める、

今物販の媒体で間違いなく

1番コスパの良い広告です。

 

余談ですが

そもそも集客は

お金を持っている人なら

本当に簡単です。

 

 

ただ出稿すれば良いだけです。

クリック系の広告で

最も高い広告では

1クリック5000円…

これくらい高い広告も存在します。

 

つまり転換率が1%とすれば

50万円の広告費をかけて

ようやく1件の受注が見込めます。

 

 

(物販では不可能な広告です。)

高いクリック系の広告では

お金を持っている人なら

広告費をドカーンと使って

集客しても痛くないんですよね。

 

しかし、ほとんどの事業者は

そこまで広告の予算がありません。

私も今でこそ広告の重要性、

必要性を合計1000万円以上の

広告を使ってきた経験から、

肌で感じる事が出来るので、

広告費を結構かける事が出来ています。

 

 

物販の広告運用の経験が無くて

今アマゾンの広告を初めて

使い始めているとすると、

「結果出ないし、

よく解らないし、

もったいないからいいや」

となるわけです。

 

しかし、多くの広告を経験してきて

「キーワードを変更したらどうなるかな?」

「商品を変更したらどうなるかな?」

「予算を変更したらどうなるかな?」

「検索クエリからキーワードを改善するとどうなるかな?」

などなど…

 

どこをどう変更すれば

どういう結果になるのかが

だいたい予想がつきますし、

予想では無くて、

広告ですので数字が確実に

目に見えて現れますので

改善が可能です。

 

ちなみに検索クエリとは

「ユーザーが検索するときに打ち込んだ言葉やフレーズのこと」

です。

 

—————————–
重要な話1
—————————–

実はアマゾンの広告では

検索クエリを見る事が出来ます!

※とっておきの情報

この情報はググっても出ずこのメルマガが

今の所日本初の情報発信になると思います。

検索クエリを出す方法も

どこにも掲載されていません。。。

 

わかる人にはわかると思いますが、

検索クエリを見れるかどうか?

これは広告を出稿するにはとても重要な事です。

 

 

例えばこの検索クエリ、

いわいる市場の「答え」になるのです。

 

テレビを売りたくて

「ソニー」

と言うビックキーワードで広告を

出稿しているとしても

検索クエリのほとんどが
(実際にクリックしている検索キーワードが)

「ソニー テレビ CV-500」

だったとすると

スモールキーワードの

「ソニー テレビ CV-500」

と言うキーワードに変更する必要があります。

ソニーと検索している人に向けて

広告を出稿していても

DVDプレイヤー、ビデオ、ビデオカメラ

を探していている人もクリック

してしまう可能性がありますので。

 

 

もちろん狙い打ちしすぎて

広告キーワードを絞り過ぎても

ダメですし、

広くとりすぎてもダメです。

 

適正な広告を出す事が出来れば

本当にタダみたいな費用で

多くの売上を掴む事が出来ます。

 

 

購買に到りにくい顧客を集めても

購入に到りにくいのは当然です。

 

「購買意欲が高いクリック」

を集める事で

広告費が下がり、

少ない予算で売上の最大化を

図れます。

 

 

無駄なクリックを無くして

購買意欲の高いクリックを

いかに安い広告費で集める事が

出来るのか?

がポイントになります。

 

そしてアマゾンの広告では

実はこの検索クエリを

見ることができます。

 

 

たぶんほとんどの人が知りません。

そしてそれを元に

改善することができます。

 

楽天やヤフーショッピングや

ヤフーオークションなどは

見ることができません。

 

 

つまり広告をかけても

改善が非常に難しく

迷路に陥りやすいです。

 

 

そして今回

検索クエリからも読み取って

改善していくのが弊社の新サービスです。

https://www.evernote.com/shard/s245/sh/63b6ab0d-d89b-4847-998b-749434cad0e2/175eea45001684a5 → 0.32% (45/13860)

※本日終了、残り9名

 

—————————–
重要な話2
—————————–

もう1つ重要な考え方の1つで

顧客獲得単価(CPA)

があります。

 

CPAとは

顧客一人を獲得するために要するコストのこと。

 

なのですが、

販売単価にもよるのですが、

基本的にはこれを下げる努力を

私たちはする必要があります。

 

100,000円の広告費で1000人転換した場合

CPAは100円となりますが、

改善して

50,000円の広告費で100人転換した場合

CPAは50円となります。

 

つまり広告費が半額になると言う事ですね。

今回の場合ですと

この残った50,000円が

利益として残りますし、

新たな媒体に出店も出来ますし、

外注を雇えますし、

仕入れをする事も出きますよね。

 

 

ですのでCPAを改善して

利益を残そうと思えば、

広告を適正に改善する必要があります。

 

今回このCPAを下げる事も

目的としているのが弊社の新サービスです。

 

https://www.evernote.com/shard/s245/sh/63b6ab0d-d89b-4847-998b-749434cad0e2/175eea45001684a5

※本日終了、残り9名

 

ちなみに弊社の生の広告費と売上は

以下のような形です。

 

広告費 売上

5円  32240円

4円  16211円

1円  28808円

1円   16300円

12円  14045円

7円  14041円

これすごくないですか?

 

たった数円で広告費の

最大で23万倍の売上が

立っています。

 

この1円を出す事は誰でも

可能です。

 

弊社のサービスを使わ無くても

広告は出稿出来ます。

 

 

ただ、この1円もただただ

出稿するのでは無く

「適正に出稿」

しないと

「結果出ないし、

よく解らないし、

もったいないからいいや」

となります。

 

そして最後に

すでに広告運用をしている人向けに

お伝えしますが、

アマゾンの広告には
売上高広告費比率(ACoS)

と言う数値があります。

 

 

これは
広告からの売上に対する広告費の割合、

を示す数値で

例えば、広告費が100円で、

広告からの売上が500円だった場合、

ACoSは20%になります。

 

この数値が10%以上の場合は

即改善が可能でしょうし、

5%以上の場合も見直す必要が

ありますので

弊社の新サービスにて是非

改善して費用対効果をあげて下さいね。

 

https://www.evernote.com/shard/s245/sh/63b6ab0d-d89b-4847-998b-749434cad0e2/175eea45001684a5

※本日終了、残り9名

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*