【LEE@輸入ビジネス】

837号「関税率を6%〜12.7%下げる方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
476267683-320x202

こんにちは。

LEEです。

 

先日は関税率を下げるための

手続きに行ってきました。

 

今回の手続きで

通常の関税率よりも

12.7%〜6%

下げる事が可能になりました。

 

物販でこのパーセンテージって

かなり大きいのですが、

制度を知らない事業者も多く

ほとんどの人が申請していません。

 

タイトルを見ると裏技チックの

イメージがあったと思いますが、

今回の申請は

経済産業省が実行している

正式な制度で普通に

税率を下げることが出来ます。

 

「関税割当制度」

と言うものです。

 

正直手続きには

様々な書類が必要で

少しだけ大変ですが、

普通に経費を下げられるので

以下のような商品を扱っている

 

または

これから扱う場合は是非申請する事を

おすすめします。

 

無在庫なんかは

仕入れた後に

関税高い!と言う場面にも

遭遇しやすいので

知っていて損はないと思います。

 

——————–通常——————–

牛馬革 30%

牛馬革(その他のもの)  30%

羊革・やぎ革(染着色等したもの) 30%

革靴 30% 又は \4,300/足の高い方

——————–関税割当後——————–

牛馬革 13.3〜16%

牛馬革(その他のもの)  12%

羊革・やぎ革(染着色等したもの) 16%

革靴 17.3〜24% ※材質により異なる

—————シュミレーション—————

 

今回申請した革靴で例を上げてみます。

5万円の革靴の仕入れの場合

通常税率は30% 又は \4,300/足の高い方

ですので

通常関税 50,000×0.6×0.3=9,000円

関税割当後の税率1 50,000×0.6×0.24=7,200円

または

関税割当後の税率2 50,000×0.6×0.173=5,190円

——————————————–

最大3810円の差が出てきます。

 

上代(販売単価)の7.6%を占めていますので

利益率が7.6%上がると言う事になります。

 

物販において7.6%の利益率って

本当に大きい差になります。

 

これを100足輸入したとしたら

381000円もの差になります。

 

500足、1000足となれば

えらい金額になりますね。

 

38万円もあれば

楽天に出店も可能ですし

スタッフも雇えますし

他の仕入れにお金を使えますし

高性能なデスクトップPCなどの

設備にも投資出来ますね。

 

もちろん自分の給料として

還元しても良いですが…笑

 

ただし、ハードルとして

・ 1年以内に50万円(複数取引OK)の取引実績を証明する書類が必要

※商品は何でも良い

・申請可能日が今年は平成27年11月10日のみ

・航空運送状 (AWB)が必要

この3つが上げられます。

 

最後のAWBですが

AIR WAY BILLの略語でして

輸入時のダンボールに貼ってある

運送状のような書類の事です。

 

これ当社も破棄していたので

仕入先に急いで連絡して

入手しました。

 

仕入先がちゃんとした業者なら

保管、あるいは取得してくれます。

是非破棄せず自分で

保管しておく事をおすすめします。

 

3つのハードルを

クリアしている場合は是非、

経費を下げて利幅を上げる、

または他のほとんどの人が

行っていない制度を利用して

利益を上乗せしていきましょう。

 

参考URL

http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/kanwari/index.htm

次回の申請日は平成27年11月10日です。

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*