【LEE@輸入ビジネス】

826号「無在庫販売をしても良い商品とダメな商品」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
486884225-320x202
こんにちは。

LEEです。


2011年から物販をしていますが、

当時は在庫販売をしている人が

ほとんどでした。


当時はヤフオクが中心に

輸入ビジネスをする人が

ほとんどだったためですね。


私も最初の30万円までは

ヤフオクの有在庫だけで

ビジネスを行っていました。


しかし、それから

バイマの無在庫販売や

Amazonの無在庫販売が

流行り、

今となってはポピュラーになり

あたり前に無在庫販売を

行っている人も多いです。


有在庫販売ではなく無在庫販売から

ビジネスを開始する人も多く、

在庫販売への切り替えが

なかなか出来ないと言う

ケースも多いようです。


そんな中

実は無在庫販売をするにあたり

非常に重要な定義があります。


出品して売上がたって

仕入れをする。


わけですが、

無在庫販売をしても良い商品と

ダメな商品があります。


「仕入れに参入障壁があるのかどうか」

と言う条件が必要です。


過去の経験上、

無在庫販売では売上を

1億円以上作ってきてますが、

やはり納期が遅れる事がしばしば

あります。


今ホット話題ですと

ヨーロッパで起きている

運送会社のストライキ、

3ヶ月ぐらい商品が届いて

いないです。笑


しかし、

先にお金を払ってくれている

顧客は納期が遅れても

待ってくれています。


なぜならその商品は

当社経由でしかほとんど

手に入らないからです。


もちろん、

当社経由でしかほとんど

手に入らない商品でも

購入の熱が冷めてしまって

キャンセルされるケースや、

信用を失ってキャンセルされる

ケースもあります。


しかし、待ってくれている

顧客も数多くいます。


どこでも買える商品なら

納期が早い方が絶対良いですし、

私たちがショッピングする時も

納期が早いお店を選びますよね。



例えばこんな例。


・Amazonで在庫が溢れている

・楽天で在庫が溢れている

しかし、

ネットショップで広告を出して

その顧客のアクセスを集める事が出来、

Amazonや楽天を見ずに

買ってもらったケース。


ただ顧客が他の媒体の在庫状況を

知らないだけで

購入に至っているケースは

後日調べて他で買いますので

キャンセルしまーす!

となるわけですね。


納期が遅れても待ってくれる

商品なのかどうか?


無在庫販売をするにあたり

ここは結構重要です。


価値のある商品選定を

行いましょう。


■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*