【LEE@輸入ビジネス】

818号「勝機がある場所でビジネスをする」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ThinkstockPhotos-455676245-2-320x202
こんにちは。

LEEです。


私は2011年から輸入ビジネスを

しています。


当時はebayから仕入れて

オークションで販売する、

と言うモデルが非常に

ポピュラーでした。


しかしそれから4年と半年以上が

経過して大きく物販ビジネスも

変化しています。


大きく異なるのは

媒体の増加と為替ですよね。


為替は最高で20%以上

円が安くなりましたので、

輸入業者は当時と同じ事をやっていると

利益率が20%落ちます。


逆に輸出業は利益率が20%上がった

そのような考え方も出来ます。


海外の小売から仕入れて

日本の小売する、

と言うほぼ転売に近い

ビジネスモデルはかなり

難易度が高くなっています。


とは言え、

ちゃんとやれば

多くのビジネスの中で

取り組みやすく稼ぎやすい

ビジネスです。


難易度が高いと言う事は

売り方が難しい、と言っても

過言ではありません。


すごく売り方がうまい人、

すごくリサーチがうまい人、

は一握りで

広告のプロであったり

セールスのプロであったり、

稼働時間をあげれる自由度が高い人だったり、

他の多くの業者と違う手法を取れる人達が

難易度が高い市場で

売上をあげています。


ここで重要になってくるのは

自分の強みがどこになるのか?


輸入する事が強みになるのか?

と言えば今はそんな時代ではありませんね。


個人輸入サイトなんて

把握出来ないくらい

たくさん出てきてますし、

仕入代行業者も多く存在します。


そしてノウハウはもはや

どこでも転がっています。


良質なノウハウは

情報発信者によりかなり

差がありますが。。。


輸入で最も大切になってくるのは

間違いなく仕入先です。


前にもお伝えしましたが

良い仕入れ=良い業績

と言う式は鉄板で正解です。


しかし、

学生、主婦、社長、フリーター、会社員

などなど

様々な分野の方がいらっしゃいます。


そんな中、

時間の制限がある場合は

良い仕入先を見つけられなかったり、

見つける事が上手では無かったり、

(もちろん私も最初はそうでしたが、
かなり実践をしてうまくなりました。)

そもそもの開拓方法に問題があったり

する事があります。


ここで重要になってくるのは

自分が勝てそうな手法とフィールドを

選ぶ必要があります。


輸入の仕入で勝てそうに無ければ

国内転売をする方がかなり楽だと思います。


セール商品

予約受付中の商品、

廃盤商品、

などを探してきて

仕入れて販売する方が

特に輸入でうまく行かなかった人は

楽だと思います。


または媒体間の差額を調べて

大量出品する方が良さそうです。

(管理方法が鍵)


輸入で利益率20%より

国内で利益率15%の方が

労力と回転率を考えた時に

後者が良いケースもあるのです。


別に輸入にとらわれる必要は無く、

自分に合ったステージで

自分が勝てそうな勝負をする、

これはビジネスでは必要です。


オリンピック選手と

同じ競技で勝つ事は困難です。


私自身は輸入を中心としているので

決して輸入を否定しているわけでは

ありません。(笑)


ただ、こういう考え方がある事を

知ってもらい、

自分に合うステージで

勝てそうな勝負をする事が重要です。


私は

飲食業界に参入しませんし、

車業界に参入しませんし、

建設業界にも参入しません。


勝てる見込みがかなり薄いからです。


物販のフィールドの中で

更にブランドや商品に

絞り込んでビジネスをしています。


チャレンジするとしても

関連性のある

真横のフィールドだったり

真後ろのフィールドで

ビジネスを続けます。


輸入でダメなら国内!

と言う感じでどんどん

流れていく事は良く無いですが、

冷静に判断して

勝機があるやり方で

ビジネスをする方が成功率は上げれます。


私もまだまだ成功しているとは

これっぽっちも思って無いので

まだまだ高みを目指して

勝機がある場所で引き続き

頑張ってみようと思います。

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*