【LEE@輸入ビジネス】

810号「C to CからB to C」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1855173781-320x202

こんにちは。

LEEです。
先日は私が直接指導する

GBCBC(ビジネスクラブ)の

メンバーと一緒に国内で開催される

展示会に行ってきました。
結果的には各メンバーが

「取引先が5社以上増えた」

と言う素晴らしい結果に

終わりました。
展示会に回りながら

「これめっちゃ売れてる商品です!」

「これ気になってた商品です!」

「やばい!売れてる!」

みたいな感じで終始

テンションが上がりながら

展示会を回ったわけですが、

さすがに月収が100万以上の

メンバーと言う事もあり、

商品知識もかなり豊富でした。
また、展示会で初めて会った

先方の営業マンから

近くの問屋を紹介してもらったりして

かなり充実して展示会になりました。
代理店を募集している海外メーカーも

多くいましたね。
GPCBCメンバーの取引先開拓が

メインのため、基本的には

付き添いだったのですが、

メンバーが商談中にこそっと抜け出して(笑)

きっちり自社の取引先を2つ

開拓してきました。
個人輸入ビジネス

転売ビジネスって

C to Cで利益を出せますが、

これって結構大変です。
店舗に行って仕入れに行ったり、

毎日リサーチをして仕入れたり、

これが個人物販で稼げる要素でもありますが、

同時に更に稼ぐためには

稼ぎ続けるには

C to Cを卒業する時期も

必要になってきます。
通常のビジネスの基本はB to Cです。
業者から業者価格で仕入れて小売りする。
大きく稼いでいる人は

必ず B to Cをしています。
ebayからセラーに直接連絡して

直接取引きをする。
何気にこれも基本中の基本ですが、

結構出来ていない人が多いのも事実です。
価格の交渉をしたり

条件の交渉をしたり、

とにかく「交渉をする」と言う事は

ビジネスの基本中の基本です。
個人物販ですと

サイト仕入れだったり、

オークション仕入れだったり、

店舗仕入れだったり、

交渉をせずに利ざやを得る事は

可能です。
しかし、ここには交渉可能な

場面がゴロゴロ転がってきます。
オークションで競り落としている

セラーに交渉して、

オークションを返さずに

直接仕入れるようにする。
日本に発送していないセラーに交渉して

直送してもらえるようにする。
いつも小売価格で仕入れをしている

サイトに連絡して業者価格で取引できないか?

在庫リストを共有してくれないか?

と交渉する。
転送会社に連絡して

運賃を下げる交渉をする。
先方としても売上をあげたい

わけですから、

こちらの交渉に応じる

売上が上がります。
ですので、

ネット社会になり

ネットでビジネスが完結出来る

時代になってきましたが、

その中だからこそ、

「交渉する」

と言う考えを常に持っておくべきです。
人が作った条件やルールは

人が変える事が出来ます。
ぜひ、交渉する事を忘れずに

ビジネスを加速させて行きたいですね。
C to CからB to Cへの切り替えは

ビジネスの転機になりますので

意識して行く事をおすすめします。

 

 

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*