【LEE@輸入ビジネス】

765号「起業して変わった事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9085b680a650321a7c00a2a95d35b410_m
こんにちは。

LEEです。




起業前と起業後変わった大きく

変わった事について今日は

シェアしたいと思います。



起業前:とりあえず金を稼ぎたい

起業後:お金を稼ぐのはあたりまえそれよりも起業理念や存在意義は大切



起業前ってとりあえずお金を稼ぐために

会社を起こす人が多いです。



私自身も一部そうでした。



企業としてお金を稼ぐのは当然、

今はそれよりもビジネスの価値を高める事が重要です。



と言うのも稼ぎ続けるためには

価値のある企業になる必要があるからですね。



当然価値がある仕事をするから

お金は稼げるのですが、

お金だけを見つめてはいけないです。



企業として続けていくには

会社があり続ける理由が必要です。



つまり経営理念や存在意義

方向性などですね。



稼げるノウハウやネタは

ゴロゴロ転がっているわけで

何を選択して選択しないか

何に集中するかしないか

何を捨てて何を得るのか

これがお金だけを優先していては

ぶれるのです。



理念と言うものは必要です。



これは会社だけじゃなくて

個人としてもそうですね。





起業前:社長は自由だ

起業後:社長は不自由だ



社長は自由、

と言うイメージを持っていましたし、

一人でやっている時はまさに

本当に自由でした。



適当な時間に起きて

適当な時間に寝て

気がむいたら仕事をして…



これは求めていたものではありますが

最近は非常に不自由です。



何故なら自分だけの

会社では無くなってきているからです。



スタッフの教育や

スタッフの夢ややりたい事を

叶えるのも社長の仕事ですし、

夢を見させるのも社長の仕事です。



ですので、

社長は一番働くべきですし、

社長は一番いろいろなことを

考えないといけないです。



こういうスタンスが嫌で

一人社長が多いと言う事もまた事実です。



ライフバランスと性格にもよりますが、

あなたはどちらになりたいでしょうか。





起業前:社長は雑用はしてはいけない

起業後:社長は雑用を率先してするべきだ



社長はスタッフに気持ちよく仕事を

してもらうために雇用をしています。



時給が高い人が雑用をしては行けないと

思っていましたが、

その場合はスタッフが育たないのです。



つまり会社として

ワンマンな会社になり

会社の成長も無いに等しいのです。



ですので、

少し前にセミナーでも話しましたが

空気清浄機を買わされたり

私が倉庫まで在庫を取りに行ったり

そういう場面も必要です。



社長こそ、雑用をして

雇用しているスタッフに

時給を高い仕事ができるように

環境を整えるべきです。





起業前:社長が一番偉い、給料をもらうべき

起業後:社長は一番偉くない、給料は偉い人に与えるべき



社長は給料をもらうべき

と起業当時は思っていました。



でも今は最も結果を出した人に

給料を上げたいと思っています。



私よりも給料を取ってもらってもいいですし

私よりスキルが高ければ

会社もあげようとも思ったりもします。



そうならないように

自分もスキルアップしています。



会社を作った社長は

もちろん苦労もしているし偉い

という考えも合っているかも知れないですが、

社長が偉い会社はいつまでたっても

ワンマンの会社になります。



ですのでどんどんスタッフに

偉くなってもらう必要があります。



スタッフに怒られるぐらいに。





という事で今日は少し違った角度で

記事を書いてみました。



個人事業主の方も

今後仕組み作りをしたい方も

参考になれば幸いです。


■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://leestyle.info/form_if.cgi?type=1&id=d_step

コメントを残す

*