【LEE@輸入ビジネス】

755号「緊急じゃないけど重要な事を優先しましょう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
488222725-320x202
こんにちは。

LEEです。


緊急じゃないけど重要な事は

優先してやるべきやめるべき、

と言う事を最近よく感じます。



A 緊急性が高くて重要度も高い事

B 緊急度が低いが重要度も高い事

これは全くの別物です。


例えば

クレーム、トラブル、締切直前のタスクなどは

緊急度が高く重要度も高いですね。


朝起きてトラブルがあると

すぐに対処しますね。


仕事以外でも

災害、事故、病気などもAになりますね。


しかし、その次に大切なのは

緊急度は低いが重要度も高い事です。


場合はよってはA以上に

大切になる事もあります。


例えばBには

準備、計画、健康、雇用(人)

などがありますが、

Bを最初から重要視して

問題解決していっていると

Aにはならないと言う事ですね。


緊急性が高く、

重要度の高いAを優先しているので

Bの存在に気付かず、

Aになって気付くと言う事です。


これは物販で言うとかなり

重要な理解が必要だと思います。


特に資金繰りにおいては

ほとんどの方がAでの状態で

ビジネスをしています。


私も資本力を付けるまでは

そうでしたし、ごもっともです。


しかし、それをBの事だと認識して

借入をしたりして資金調達する人と、

Aになるまで気付かず

資金ショートする人の二択に別れます。


私も常に資金繰りは意識していますが、

Aの状態に陥る事は少なく

借入したり、計画を練るようにしています。


以前にもお伝えしましたが、

棚卸し、銀行残高、売掛金、買掛金

この4つを1週間に一度でも

見直しておくとAにはならないのです。


資金以外の所でも例えば

在庫管理、システムの所も

かなり重要だと思います。


ちなみに私も3年前ぐらいから

会社に様々なシステム導入が必要と

思っていましたが、

ずっと後回しにしてきました。


在庫管理やシステム連動(在庫や出品)の所などは

Bと認識してはいたものの

Aにならないから別にいいのかなぁ

と言う感じです。


しかし、会社の在庫金額を調べると

出品出来ていない在庫があったり、

FBAに眠っている商品、

代行会社に代理購入を依頼して

まだ受け取っていない商品、

などなど調べると本当の

「不良在庫」が出てくる時期がありました。


私の中の不良在庫の定義は3つ

原価の90%を切る商品、

出品出来ていない商品、

在庫として認識していない商品、

です。


特に後者の2つは

お金を使って仕入れて

ただお金を失うだけで

確実に利益を圧迫します。


ですので、最近は

システムを導入していかに

生産性を上げるか?

または会社の業績を上げるか?

と言う所に力を入れています。


また今度お伝えしますが、

ヤフオク全自動システムを今

検証していますがかなりいいです...


あなたのBは何でしょうか?


特に経営者の仕事は

常にBを見つけて対処する事かなぁと

思います。


ちりも積もれば山となりますので

今今のうちからBをたくさん見つけて

作戦を練りたいですね。


私の経験上、

面倒だから後回しになる事は

実はBの事が多いように思います。


特に面倒な問題は

見つめ直して

AなのかBなのか?

それとも両方対象外なのか?

と言う事を考えてみる事を

オススメします。

■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
http://linen-ex.jp/fr/lee3/bxhzpF

コメントを残す

*