【LEE@輸入ビジネス】

736号「毎月10万円のコストカットの話」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。

LEEです。


主に我々が使っている決済代行会社は

PAYPAYです。


ebayの支払いや国内の売上代金受取は

ほとんどの輸入ビジネスプレイヤーは

PAYPALを使っています。


最近は色々な決済代行会社が

ありますが、

その中でも最近良さそうな

サービスを紹介しようと思います。


知っている人も多いですが、

SPIKEより「新サービス」が始まりました。

(https://spike.cc/)


当社で以前使用した事がありますが、

使い方はシンプルでPAYPALよりも簡単です。


機能性はPAYPALより欠けますが

代金の受取が目的ならかなり使いやすかったです。


しかし当然ネックなのは

・翌月末の振込スケジュールでキャッシュフローが悪化する

と言う所です。


しかし、最近は早期支払いサービスを

スタートさせました。


何と受取手数料は最大0.1%です。

PAYPALはマーチャントレートで

最大2.9% + 40 円です。


「SPIKE」早期支払いサービス詳細

https://support.spike.cc/hc/ja/articles/204168670--NEW-%E6%97%A9%E6%9C%9F%E6%94%AF%E6%89%95%E3%81%84%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-


PAPAL手数料が通常3.6%+40円なので

かなりのコストカットが可能ですね。


当社の1月分のPAYPAL売上で

シュミレーションした結果、

10万円程がコストカットが可能と言う事に…


つまり年間だいたい120万円のコストカットが

可能と言う事ですね。


例)100万円の売上があった場合(3回締めサービス利用時)

ビジネスプレミアム月額固定費:3,000円

早期支払い3回締め月額固定費:4,000円

早期支払い決済手数料(100万円の0.3%):3,000円

振込手数料(500円x3回):1,500円

合計手数料11,500円となるため、

988,500円の入金になります。


PAYPALの場合は3.6%+40円なので

963,960円となりその差額は何と

「24,540円」もあります。


ただし振込は月3回までとなります。


ここまで差額が大きいなら

検討する業者も多くなってくると思います。


当社でも導入を検討しています。


PAYPALに比べて認知度が低いと言う

所はデメリットですが

総合的にPAYPAYPALと比較検討して

メリットがある場合は

導入も検討してみるといいですね。




■質問やご意見はこちらまで

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*