【LEE@輸入ビジネス】

733号「税務調査について…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。

LEEです。


さてさてそろそろ

確定申告の時期ですね。


ちなみに2015年の確定申告期間は、

2015年2月16日(月)〜3月16日(月)です。


顧問税理士がいない場合

あるいは税理士費用が高いと

感じている場合は

特に今日のメルマガは最後まで

読んで下さいね。


と言うのも…


税務調査が入った事のある

人を何名も見てきたからです。


申告をしている場合は

何も問題が無いケースもありますが、

特に危険なのが

確定申告をしていない場合です。


ちなみに無申告の場合は7年間まで

さかのぼって調査されます。


不要品をオークションで売った場合は

課税対象ではありませんが、

以下の場合は課税対象になるようです。


・1個、又は1組の価額が30万円を超えるもの

・貴石、貴金属、真珠、べっこう、七宝製品、書画、骨董、美術工芸品

・生活用品でも売る気で仕入れた物


非常に判断が難しいのですが、

過去にさかのぼった場合は

一体それが不要品だったのかどうかの

証明する事も難しく、

全てが課税対象になるケースもあると聞きます。


そもそもですが、

確定申告や経理、

また月々の収支を付ける事(決算書)は

ビジネスにおいて必須です。


顧問税理士がいる場合は

大丈夫だと思いますし、

e-Taxなどの電子申告も可能ですし、

税務署に行って自ら申告する事も可能です。


しかし今回

・税理士を探している

・経理してくれる人を探している

・申告の仕方が解らない

・計算が多くて大変

・でも税理士を雇うお金が無い

・月商300万円以下またはそれ以上


そういう人にはぴったりのサービスを

今日は紹介したいと思います。


このメルマガを見ている読者様は

私からの紹介特別プランを用意しています。


現状このサービスは費用対効果が高い事もあり

人数制限があります。


[link]http://taxaccounting.main.jp/index2.html

※私からの紹介専用ページ


■申込期日

2015年2月20日まで


■限定人数

10名様


電話の問い合わせも可能ですので

その際はLEEの紹介でと一言お伝え下さい。


税務に関しては知らなかったでは

済まされないので、

ハッとした人はこの機会にしっかりと見直し

健全にビジネスを進めて行きましょう!





■質問やご意見はこちらまで

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*