【LEE@輸入ビジネス】

719号「自分の限界値を決めるのはいつも自分」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。

LEEです。


起業したばかりの友人と

最近話す機会がありました。


そんな中、過去の自分と照らし合わせると

大切な事を思い出したので

シェアしておきます。


今日の話しは「ギリギリ」

と言うのは結構大事と言うお話です。


何故なら自分の限界値を決めるのは

いつも自分だからです。


そして、その限界値を高めるのも

また自分なのです。


今となっては

メンタル面や、資金力に関しては

少し余裕を持って

ビジネスは進める事が出来ます。


何故ならそれは4年以上の経験値があるからです。


だからと言って

めちゃくちゃ余裕があるかと言うと

そうでもないです。笑


何故なら会社が倒産しないぐらいの

投資やチャレンジは続けています。


ですので限界値を超えるために今でも

資金ギリギリな所まで仕入れてみたり、

スタッフのキャバがギリギリなぐらい業務を増やしたり、

人材採用と育成に過去にないくらいお金をかけてみたりと、

ギリギリ倒産しないくらいの(笑)

チャレンジはしています。


で、最近私が主催している

GPCビジネススクール内では最近

またまた100万円達成プレイヤーが

数名出てきていますが、

みんな結構ギリギリの状態で

駆け上がってきています。


資金のショートしかけるまで仕入れをしたり、

実際に自己資金はショートしたが

何とかかき集めて難を逃れたり、

自分のステータス、キャパ、スキルにおいて

ギリギリの状態まで広げて

売上を上げ続けている人が多いです。


これは私に関しても起業してから特に2年目までは

本当にギリギリの連続だった事を記憶しています。


何とかなる精神で

少し無理をするくらいの方が

うまく行きますねきっと。




■質問やご意見はこちらまで

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*