メンタル

709号「自宅と事務所を分けるべきなのか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

 

職場環境について今日は

私なりの考えをシェアしたいと思います。

 

まず自宅でビジネスをしている人が

ほとんどだと思います。

 

私も起業当時は一人暮らしでも無く(笑)

実家の一室からスタートさせました。

 

16平米 部屋数一室

[link]https://fbcdn-sphotos-d-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/v/t1.0-9/10301584_656857061034332_806489815316168296_n.jpg?oh=a74e198dbffa59d2b9a073c25c5cadee&oe=5535F4E8&__gda__=1429518805_e7bfb804fcfc48308cb852bedc6f6d7c

 

・固定費をかける余裕も無い

・儲かるか解らない

 

と言う理由からですね。

 

■結論

正解

 

■理由

かかる固定費は低ければ低い程良い。

 

そしてある程度稼げるようになり

次は自宅兼事務所に職場を移しました。

 

55平米 部屋数3室(倉庫、事務、生活)

※途中から完全に事務所化、自宅は別

[link]https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/v/t1.0-9/164614_488747551178618_636300969_n.jpg?oh=9b44bf5a095b1497a187b6022addf887&oe=553F7677

 

[link]https://fbcdn-sphotos-g-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xaf1/v/t1.0-9/553622_388604527859588_368629050_n.jpg?oh=b92eadae6e83a56104075ecddbaf84d9&oe=5543DB46&__gda__=1425904279_4cb5322644dd0b84193f47ce5286a5cb

この時なんだかんだで100万円

ぐらいはかかりましたが、

必要経費として考えていました。

 

■結果

正解だが少し後悔

 

■理由

広く仕事がし易くなったのは

非常に正解。

 

ただし、もっと早く事務所を

構えるべきだったと後悔。

 

生活スペースと仕事のスペースと

しっかりと分ける事ができたが、

結局仕事をしているので特に意味は無し。

 

また休日と言う休日は無く

朝一に必ず誰かしらスタッフが出勤するので、

全く体が休まらないと言う時期が

続きました。笑

 

これに関しては失敗です。

 

仕事が好きでやっているのに

何度か燃え尽き症候群に

陥る時期もありました。

 

しかし、途中で自宅と事務所を分けた時に

ライフスタイルや

生活バランスが非常に安定し、

時間の使い方にメリハリが付き

これは確実に分けるべきだと感じました。

 

仕事の生産性も上がりました。

 

そして、今年9月に移転し

140平米 2フロア(倉庫、事務、会議スペース、給湯スペース)

[link]https://fbcdn-sphotos-f-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/v/t1.0-9/10659357_715106938542677_2292413754155827161_n.jpg?oh=2c40a276cb6b31c601707da3bc389b1e&oe=5501FF48&__gda__=1426201328_3b03de2bed492eefe3284870d67269ba

 

固定費はもちろん上がっていますが、

まずは自宅と事務所を分ける事が

物販ビジネスでは非常に重要だと思います。

 

それは時間の使い方に

制限があるからです。

事務所に入れる時間はなんだかんだ

制限があります。

 

制限が無かったら、

ダラダラと仕事をしてしまいます。

 

実際に今でもこのメルマガの書く場所が

事務所の場合、一番良い記事が書けますし

短い時間で書けます。

 

自宅の場合はテレビや

来客や電話がなるので、

やはり倍近く時間がかかる事も

ありますね。

 

副業で1日に1時間とか2時間しか

時間が取れない場合は

自宅で良いかと思います。

 

しかし、

・ある程度時間を使える場合

・継続してビジネスをしたい場合

・独立したい場合

は事務所を借りた方が良いかなと思います。

 

ただし、固定費はもちろん

低いにこした事はないので、

資金に余裕が無い場合は

レンタルオフィスや

友人事務所を間借りするなど

こういった選択肢もありますね。

 

なるべく固定費を抑えながら

自宅と事務所は分ける事を

オススメします。

 
■質問やご意見はこちらまで
lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*