【LEE@輸入ビジネス】

704号「売上よりも〇〇を見る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

1月のイタリアのツアーとは別で

 

当社で2泊3日ぐらいで中国アテンドを

 

開催する予定です。

 

 

 

行き先はほとんどの商品が手に入る

 

広州(Guangzhou)です。

 

 

 

参加するメリットは

 

・タオバオやアリババより安く仕入れが可能

 

・バイヤーを紹介するので日本帰国後も継続して取引できる

 

・ガッツリOEMも可能

 

・市場を見てみるだけでも価値がある

 

と言う所です。

 

 

 

・中国輸入をしている人

 

・欧米でも中国に興味がある人

 

は是非行ってみると

 

ビジネスの選択肢が広がると思います。

 

 

 

旅行気分でのこのこと

 

実践者について行くだけでも

 

楽しいです。

 

 

 

興味のある人はこちらのフォームに

 

記入しておいて下さい。

 

 

 

[link]https://docs.google.com/forms/d/1K9lgn-Kpba_OU-qhxxEhIcKaRYfcPsPY-wqjmuFZCek/viewform?usp=send_form

 

 

 

 

 

「売上よりも〇〇を見る」

 

 

 

物販ビジネスは原価率が

 

高いと言えます。

 

 

 

例えば

 

アフィリエイト

 

情報販売

 

などの世界と比較対象すると

 

非常に解りやすいですね。

 

 

 

まずは売上を上げる事が

 

物販の第一に重要です。

 

 

 

その後は利益率を上げる事

 

利益を残す事が

 

物販の第二に重要です。

 

 

 

第一段階のプレイヤーは

 

とにかく売上を上げる事以外を

 

あまり気にしなくても良いですが、

 

第二の段階に来ているプレイヤー

 

または経営者は

 

売上よりも利益率や利益を

 

しっかりと見直す必要があります。

 

 

 

いくら入金があったのか?

 

と言う売上よりも

 

いくら出金があったのかと言う

 

経費の支払いを把握する事の方が

 

重要な場合があります。

 

 

 

売上を上げる=それに対する経費

 

も上がります。

 

 

 

・人件費

 

・販管費

 

・外注費

 

など

 

基本的に上がりますね。

 

 

 

では月商500万円のシンプルな例を出してみます。

 

 

 

月商500万円

 

仕入額400万円

 

人件費40万円

 

外注費10万円

 

利益が約50万円

 

 

 

この会社が売上だけにフォーカスした場合

 

このような事が起こります。

 

 

 

月商800万

 

仕入額680万円

 

人件費60万円

 

外注費20万円

 

利益が約40万円

 

 

 

極端な例ですが

 

売上は上がっているけれど

 

利益が減っている場合も有り得ます。

 

 

 

もしくは売上は上がっているけど

 

利益が変わらないパターンもありますね。

 

 

 

またスタッフにある程度の権限を

 

任している場合は

 

経費の意識が低い場合は

 

どんどん経費は膨らんでいきます。

 

 

 

実際に当社でも人が増えて

 

経費は上がっているけれども、

 

売上が上がらない時期もありましたし、

 

イケイケドンドンで売上を上げる事だけに

 

フォーカスした結果、

 

残る利益はほぼ同じと言う経験もしています。

 

 

 

つまり上記の例であれば

 

労力を割かなくて

 

500万円をキープしている方が

 

結果的に良かった事になるのです。

 

 

 

とは言え経験してみないと

 

解らないのが経営です。

 

 

 

上記の経験を一度する前に

 

このメルマガを一度思い出して

 

シュミレーションした上で

 

チャレンジする事をオススメします。

 

 

 

ただし、

 

チャレンジしない事は

 

最もリスクなの

 

売上よりも経費をしっかり考慮した上で

 

チャレンジして行きましょう!

 

 

 

規模が個人事業主を超えてくると

 

攻め(売上)より

 

守り(経費、資金繰り)の方が

 

大切です。

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

 

lee.chongbong@gmail.com

 

コメントを残す

*