【LEE@輸入ビジネス】

703号「あなたが海外に行くべき理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

1月のイタリアのツアーとは別で

 

当社で2泊3日ぐらいで中国アテンドを

 

開催する予定です。

 

 

 

行き先はほとんどの商品が手に入る

 

広州(Guangzhou)です。

 

 

 

参加するメリットは

 

・タオバオやアリババより安く仕入れが可能

 

・バイヤーを紹介するので日本帰国後も継続して取引できる

 

・ガッツリOEMも可能

 

・市場を見てみるだけでも価値がある

 

と言う所です。

 

 

 

・中国輸入をしている人

 

・欧米でも中国に興味がある人

 

は是非行ってみると

 

ビジネスの選択肢が広がると思います。

 

 

 

旅行気分でのこのこと

 

実践者について行くだけでも

 

楽しいです。

 

 

 

興味のある人はこちらのフォームに

 

記入しておいて下さい。

 

 

 

[link]https://docs.google.com/forms/d/1K9lgn-Kpba_OU-qhxxEhIcKaRYfcPsPY-wqjmuFZCek/viewform?usp=send_form

 

 

 

私も広州には行った事がありますが、

 

本当に物が安く卸されており、

 

(今年買った防水ケースなんて7円…)

 

金額的にはリスク無く仕入れる事が可能ですし、

 

究極の物販の完成系である

 

OEMを行ってメーカーにもなるチャンスが

 

ゴロゴロ転がっています。

 

 

 

と言う事で興味のある人は

 

事前にフォームに入力しておいて下さいね。

 

 

 

と言う事で1月は2カ国に

 

行くと言う事でかなりバタバタと

 

しそうです。

 

 

 

パスポートを見ると

 

今年は10カ国以上行っていました。

 

 

 

何回かは休暇として行ってますが

 

8割以上ビジネスでの出国です。

 

 

 

私は個人的に思いますが

 

ビジネスをしている人は

 

海外にもっともっと

 

出て行くべきだと思います。

 

 

 

何故なら

 

ネットで完結する事が

 

ネットビジネス業界では

 

正しいと思われていますが、

 

現地でしか得れない事も結構あります。

 

 

 

また海外では意識の高い人との

 

出会いがかなり多くあります。

 

 

 

中国輸入なら今は誰もが知っている

 

〇〇カージャパンの社長も

 

実は3年前に中国で出会った友人です。

 

 

 

今は年商10億以上とあっさりと華麗に

 

抜き去られていますが…笑

 

 

 

また、海外に行く事で

 

もっと大きな枠でビジネスを

 

捉える事が出来たり、

 

現地に行って体験や経験をする事で

 

圧倒的にインプットされるからです。

 

 

 

データは嘘は付かないと

 

メルマガで伝えた事もありますが、

 

現地に行った時に体験や経験から得る

 

学び、感覚、裏付けはビジネスを

 

加速させる起爆剤となる事が多いです。

 

 

 

実際に海外に行って実際に

 

ビジネスにつながった例を並べると

 

 

 

・韓国に行って日本に流行る前の川上の商品を知る事が出来た

 

・ベトナムに行ってシステム開発会社と連携が出来た

 

・台湾に行って自分の不得意とする所を得意とするビジネスパートナーが出来た

 

・カンボジアに行ってバズーカを打つ事ができた。笑 これは冗談

 

・アメリカに行って来年熱いブランドを知る事が出来た

 

・各国や旅先で友人に出会える(ビジネスパートナー)

 

などなど

 

 

 

普段行かない人が多い中で

 

行くだけでも自分の仕事の選択肢は

 

本当に広がりました。

 

 

 

もちろん行くだけでは無く、

 

誰かの紹介やアシストでかなり

 

手助けをもらっています。

 

 

 

今回のツアーやアテンドは

 

その手助けとして捉えて頂けると

 

解りやすいかと思います。

 

 

 

1人で行って出来ない事が

 

参加する事で多く出来るようになります。

 

 

 

ちなみに当社では今は

 

7つの事業を行っています。

 

 

 

それがあるのも海外に出て

 

情報を得たり、人に知り合ったり、

 

海外のサービスに触れたり

 

海外を身を持って体感してきた

 

そんな経験からです。

 

 

 

ですので1月はイタリアと中国

 

興味のある方で日程がなんとかなる人は

 

是非海外に行きましょう!

 

 

 

今回アテンドに行かなくても

 

今後は海外にどんどん出ていくべきだと

 

個人的には思います。

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*