【LEE@輸入ビジネス】

686号「Gメールを使って時短する方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

今日はGメールで使える機能について

 

シェアしたいと思います。

 

 

「Gメール labs」です。

 

 

こちらの中の機能により便利になったり

 

かなりの時間短縮や仕事の効率化が

 

可能になります。

 

 

同じ文章を何度も打つ経験は

 

誰しもがあるかも知れません。

 

 

この場合に今までオススメしていた方法は

 

単語登録です。

 

 

「お世話になります。」を「お」で単語登録、

 

「宜しくお願い致します。」を「よ」で、

 

「並行輸入」を「へ」で、

 

「住所」を「じ」で、

 

「メールアドレス」を「め」で

 

などなど

 

頭文字で単語登録すると

 

かなり時間短縮が可能です。

 

 

そして物販では長文のテンプレートが

 

必要な場合があるかと思います。

 

 

こういった場合に

 

「改行」や「文章の文字数の制限」の関係で

 

単語登録が出来ません。

 

 

代表的な長文を使うタイミングは

 

受注、納期連絡、発送時

 

などですね。

 

 

 

ここで便利なのが

 

「返信定型文」です。

 

 

定形文をGメール上に登録が出来て

 

返信する際に簡単に定形文を

 

貼付ける事が可能です。

 

 

これかなりの時間短縮につながります。

 

 

また、間違った内容で送信してしまった後に

 

はっとする事を経験した事はありませんか?

 

 

この場合数秒以内なら

 

「送信取消」する機能があります。

 

 

「Gメール labs」は実は知らない人が多いのです。

 

 

 

特に物販は定形的な文章が多いので

 

是非すぐにでも活用してみましょう。

 

 

 

また、定形文や送信取消意外にも

 

複数の機能がありますので

 

必要な機能を是非有効にして

 

業務を効率化して行きましょう。

 

 

Gメール>設定>labs

 

より一度機能だけでも見てみると

 

良いですね。

 

 

代表例

 

[link]http://www.master-apps.jp/gmail-trans0721

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

 

コメントを残す

*