【LEE@輸入ビジネス】

683号「卸始めました。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

最近セミナーなどで少しお伝えしている

 

内容を少しシェアしたいと思います。

 

 

私は個人輸入ビジネスの情報を多く

 

発信していますが、

 

小売り以外でもビジネスする事は可能です。

 

 

当社はB to Cがメインではありますが、

 

B to Bも少しやっています。

 

 

 

例えば、

 

毎月一件程は卸の売上があります。

 

 

しかも無在庫での売上です。

 

 

先に入金を頂いて

 

海外の業者から仕入れて納品します。

 

 

例えば100万円の売上を上げるのに

 

かかる労力はB to Cの場合は、

 

単価3万円でも33回の取引が必要です。

 

 

しかしB to Bの場合は

 

1回の取引で完結します。

 

 

単価が大きいので連絡の回数は

 

増えますが、

 

33回の取引をするよりは

 

何十倍も効率が良く利益を残せます。

 

 

 

あ、ちなみに

 

今日のメルマガはB to Bをやりましょう!

 

と言う話ではありません。

 

 

こんなケースがあったと言う事だけでも

 

認識しておくと役に立つかも知れません。

 

 

で、何故B to Bの取引が出来ているのかと

 

考えてみました。

 

 

ん?

 

 

LEEは売上が立っている理由を今更

 

考えるのか?

 

 

そう思った人も多いと思います。

 

 

実は…

 

 

当社は別に狙ってやっている事では無いんです。

 

 

特に営業活動は行ってないんです。

 

 

当社でやっている事は

 

・露出を増やして窓口を広げる

 

・電話対応を企業としてしっかりと行う

 

この2つだけです。

 

 

誰でも出来る事をやっているだけで

 

思わぬ売上が立ちますし、

 

私達のような小さな規模の会社から

 

卸しても、

 

卸先はビジネスが成り立つと言う事ですね。

 

 

つまりニーズがあると言う事です。

 

 

たまに初めて取引する会社には

 

「何故当社に連絡をしたのか?」

 

と言う理由を聞きますが、

 

「ちゃんと対応している店舗は少ない」

 

「電話すらつながらない」

 

と言うのです。

 

 

少しでも心当たりがある実践者は

 

小さな変化で大きな売上を

 

上げれる可能性がありますね。

 

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*