仕入れ

680号「勝負の仕方は事業主それぞれ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

 

 

勝負の仕方は事業主それぞれである

 

と言う話をしたいと思います。

 

 

 

今でもAmazon、ヤフオクは基本的に

 

8割が仕入れで決まると思っています。

 

 

 

それは差別化が図りにくいと言う理由からです。

 

 

 

安く仕入れて売ると言う事は

 

物販の基本でかなり重要です。

 

 

 

ただし、安く仕入れる事に対して

 

努力をしていない事業主が多いのも事実です。

 

 

 

今の為替ですとその努力度が

 

結果に現れてくるでしょう。

 

 

 

先ほど私は

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今でもAmazon、ヤフオクは基本的に

 

8割が仕入れで決まると思っています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

こうお伝えしました。

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

それ意外の媒体では仕入値以外で

 

勝負をしている事業主も多く存在します。

 

 

 

 

 

特に自由度の高い

 

自社サイト、楽天、ヤフーショッピング

 

などです。

 

 

 

 

 

少し前に先日年商10億円程の実績を持たれている

 

社長さんと食事に行きました。

 

 

 

その社長さんも仕入れでは全く

 

勝負していないと申していました。

 

 

 

国内仕入れではカテゴリーによりますが

 

だいたいが6掛け(定価の60%)が卸値、

 

つまり10000万円の定価商品は

 

6000円で仕入れる事が出来ると言うのが

 

一般的です。

 

 

 

しかし、メーカーやブランドによっては

 

8掛け(定価の80%)の卸値と言う事も

 

ざらにあります。

 

 

 

展示会に行った時も今流行に乗っている

 

強気のブランドは6掛け以上に卸値を

 

設定している事が多かったです。

 

 

 

つまり8掛けであれば

 

定価の10000円で売れても

 

粗利が20%、その他経費を含めると

 

純利が10%とかの世界です。

 

 

 

普通にやるとこうなりますね。

 

 

 

しかし、転換率を上げる施策や

 

アクセスを集める施策をしっかりすると

 

定価以上の価格で売る事はぜんぜん可能です。

 

 

 

当社でも明らかに定価より高い商品が

 

売れる事もあります。

 

 

 

何が言いたいかと言うと

 

Amazon、ヤフオク以外の媒体では

 

仕入値はそこまで重要では無いと言う事です。

 

 

 

仕入値以外で勝負できる、

 

勝てる方程式を考える事が重要です。

 

 

 

それが

 

・システムなのか

 

・資本力なのか

 

・ページの最適化なのか

 

・顧客リストの多さなのか

 

事業主それぞれですね。

 

 

 

つまりUSP(自社のみが持つ独特の強み)が

 

いかにあるかでビジネスは大きく

 

結果が変わると思います。

 

 

 

物販でも今後はUSPが無いと

 

少ししんどくなるのかなと思います。

 

 

 

あなたのUSPは何でしょうか?

 

 

 

自分が勝てる方法、

 

オリジナリティーを今一度見つめ直す事もまた

 

物販ビジネスのコツの1つです。

 

 

 

私自身も今一度USPを考え直そうと

 

思いますので、

 

是非自分のUSPを見つけて

 

ビジネスに取り組んで行きましょう。

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*