【LEE@輸入ビジネス】

679号「円安の時に使える交渉術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

 

ご存知の通り円安が続いてますね。

 

メルマガに触れる人が少ないのは

実際に輸入ビジネスに影響があるからでしょう。

 

しかし、私は見つめて欲しいので

今日はネガティブな事もお伝えしますね。

 

ただ、今日のメールは決してネガティブに

受け取って欲しくなく、

激励として記事を書きます。

 

また、円安の時に使える交渉術を

過去の事例と共にシェアしたいと思います。

 

私が起業してから過去一番良かった時で

一時期70円台後半の時がありました。

 

昨日はだいたい113円ですので

今考えるとかなりの差異がありますね。

 

過去良かった時で100ドル仕入れても7000円台

今となっては11000円台と

この数字だけ見るとかなり大きな

差があります。

 

1000ドルだと70000円と113000円と

10000ドルだと700000円と1130000円と

違いが有りすぎる事も解ります。

 

もちろん利益率は円高の時の方が良かったです。

 

利益が出る商品が今よりは

簡単に見つかったと言う

事実はあります。

 

しかし、円安になったからと言って

物販は終わりません。

 

その証拠として

120円台の時から貿易は存在します。

 

こんな時、特に影響を受けるのが

サイト仕入れをしている場合です。

 

何をどうやっても仕入値を

下げる事が出来ません。

 

今の為替で買って、

日本で売るしかありません。

 

ただし、直接取引やお得意先の

仕入れルートがある場合は別です。

 

過去に私自身も経験しましたが、

円安になった時に

付き合いのある仕入れルートに

円安を理由にして交渉が成功した事がありました。

 

ドイツの仕入れ先でしたが

「円安だからちょっと仕入値を下げてくれないか?」

と聞いた所、

すんなり10%も安くしてくれた事がありました。

 

円安だからと言って

何も出来ないわけではありません。

 

ほとんどの人がやっていない交渉かと思いますが

過去に成功した事例があるので

是非やってみて下さいね。

 

 

・円取引である国内仕入れをする

・輸出をする

 

と言う方向転換も可能でしょうし、

 

円安をきっかけにして

・今までやっていなかった直接取引をして差別化する

・相場の高い媒体にも出品する

 

などの施策は誰でも簡単に出来ます。

 

考え方次第なんですね。

 

何の不平等も無く

全員が円安の影響は受けています。

 

しかし、その中でも

利益を出し続ける人とそうでない人とが

必ず生まれるわけです。

 

間違いなく輸入を辞めてしまう人が現れ

続けている人は逆に潤う事もあります。

 

あなたはどっちになりたいですか?

 

もし弱気になっている人がいるなら

弱気にならず出来る事を考えて行きましょう。

 

いつでもやめる事は出来ますので。

 

辞めない人、

続ける人がビジネスでは

勝てるんだろうなと思います。

 

それに今回は問題が円安ですが

円安以外の理由でも

円安に匹敵するぐらいの外部要素により

業績が悪くなる事だってありえます。

 

常にビジネスには何かしらの

不都合な事は起こります。

 

・数百万の売掛金が回収できず倒産寸前

・関税で全て没収されて数百万の損失

・荷物が無くなり数百万の損失

・キャッシュが回らなくなり倒産寸前

・お金をスタッフに持ち逃げされ人間不信になる

 

などなど、

 

これは私の友人が

実際に経験しています。笑

 

円安以上に事業に影響が出る事なんて

山ほどあります。

 

全てがうまく行く事なんて

ほとんど存在しないと思うので、

円安になったからと言ってネガティブにならず

1つ1つでいいので問題を

解決して行きましょうね。

 

明るくポジティブにやらないと

ビジネスはやってられませんので。笑

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*