【LEE@輸入ビジネス】

663号「自動化は正しくない場合もある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

「商品を触った事が無い」と言う

 

事をメルマガ読者やセミナー参加者から

 

たまにお聞きします。

 

 

 

ようは外注しているので自分が

 

商品を触らずに物販ビジネスを

 

回していると言う事です。

 

 

 

最近まさに海外在住の友人からも

 

そういう話を聞きました。

 

 

 

彼の場合は海外に住んでいて

 

日本にいないので日本Amazonへの納品までは

 

全て外注でやりきっていたようです。

 

 

 

しかし…

 

 

 

全否定するわけではありませんが、

 

商品を触った事が無いと言う事は

 

顧客が何故購入するのか?

 

どんな気持ちで購入しているのか?

 

と言う根本的な事を知らないまま

 

ビジネスをしていると言う事になります。

 

 

 

彼の場合は海外に居たという理由があるので

 

やむ終えない部分はありますが、

 

今でも色々なセミナーなどで

 

自動化自動化と言うフレーズをよく聞きます。

 

 

 

実際に自動で売上が上がる事は

 

誰しもが望んでいます。

 

 

 

しかし、それは一通り自分が経験した

 

後の話です。

 

 

 

すごいシステマチックに

 

売上を上げている人もいますが

 

実際には考えに考え抜いていますし

 

まず自動化する前にアナログな

 

作業を何度も繰り返しています。

 

 

 

丁度昨日実店舗の陳列商品が届いたので

 

設置に行っていました。

 

 

 

もうかれこれ賃貸契約をして

 

2ヶ月程経過していると思います。

 

 

 

色々と考えて進めているのですが、

 

やはり初めての事業なので

 

後からやるべき事や修正するべき事が

 

たくさん出てきます。

 

 

 

実店舗の準備はまさに超アナログで(笑)

 

100円均一に走ったり

 

ディスプレイ用の素材を探したり

 

周りの店舗に挨拶したり

 

周りの客動向をリアルに監視したりと

 

色々と動いています。

 

 

 

ではインターネットの物販ではどうでしょか?

 

 

 

Amazon FBAに納品して後は売れるのを待つだけ、

 

と言うフレーズをよく聞くと思います。

 

 

 

しかし、実際はどうですか?

 

 

結局のところパソコンに張り付いている人が

 

売上を上げています。

 

 

 

何故なら自動化になっている仕組みを

 

一度経験しているので理解をしていて

 

ちゃんとお客様の事を考えているからです。

 

 

 

実店舗でもあぁでもないこうでも無いと

 

スタッフと常に論議をしているのは

 

売上を上げるため、すなわち顧客のためです。

 

 

 

どうしたらお客様にメリットを与えれるか?

 

どうすればお客様にご不便をかけないかな?

 

何をお客様は待っているのかな?

 

 

 

これを常に考える事が重要です。

 

 

 

実店舗OPENに向けて動いている中、

 

これは本当に強く感じました。

 

 

 

ネット上の物販だとやはり

 

今はシステマチックに便利に販売できますし、

 

もう売れるようにプラットフォームが準備を

 

してくれているのです。

 

 

 

ここです。

 

 

例えば何故代引きにAmazonが対応しているのか?

 

何故amazonカスタマーサポートにマニュアルが無いのか?

 

などなど

 

 

 

何故その仕組みが出来ているのか?

 

何故そのシステムを作っているのか?

 

 

 

などをしっかりと理解した上で

 

自動化や仕組化をする事を

 

オススメします。

 

 

 

ビジネスの全ては自分と顧客のためにあります。

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*