【LEE@輸入ビジネス】

651号「とにかく1つの事業を成功させる事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

事業を増やす時のポイントについて

 

今日はシェアしてみます。

 

 

 

そもそも事業をする際には

 

ほとんどの場合は資本が必要ですよね。

 

 

 

クレジットカードで仕入をすると

 

キャッシュフローが良く

 

自己資金を使わないで済む事も

 

あると思います。

 

 

 

しかし、仕入が増えるごとに

 

経費が増えるごとに自己資金を

 

投入せざる得ないタイミングが必ず現れます。

 

 

 

例えば1事業で月利30万円

 

計上できるようになってきた場合、

 

次の一手として2事業目として

 

他の媒体に多店舗展開するしましょう。

 

 

 

ヤフオクで30万円稼げるようになり、

 

次にAmazonに参入する時は月額契約料が発生しますし、

 

楽天に参入する時は初期費用や固定費が発生します。

 

 

 

また増えた事業分の仕入確保、

 

人材に投資、外注雇用など

 

経費はどんどん膨らんできます。

 

 

 

この時のポイントですが

 

安定的に出せる収益を1事業目で

 

出し続けている事が大切です。

 

 

 

1事業目のヤフオクの収益が30万円あるなら

 

2事業目にその分全てを投資しても

 

プラスマイナスは0円です。

 

 

 

タダ働きにはなってしまいますが、

 

赤字では無いので何とかなります。

 

 

 

しかし、1事業目で収益を出せていないまま

 

2事業目を赤字スタート、

 

イニシャルコストがかかる

 

ランニングコストがかかる場合は

 

メンタル的にも余裕が有りませんし、

 

経営的に赤字が膨らんでいく可能性もあります。

 

 

 

まぁビジネスなので

 

このくらいのリスクは取って

 

当たり前なのですが、

 

なかなか踏み切れない人が多いのも事実です。

 

 

 

ですのでリスクが低くて

 

儲かり易いビジネスを誰もが好みます。

 

 

 

それがヤフオク、Amazonですね。

 

 

 

今となってはヤフオクストアは

 

出店料が無料ですし、

 

Amazonもたった5000円で大口契約が可能です。

 

 

 

ほんの少しのリスクを取って

 

まずは1事業目でとりあえず

 

少しでも良いので収益を出し、

 

その出た収益で次の一手に

 

チャレンジして行く事が重要です。

 

 

 

1万円でも稼げるようになれば

 

外注を雇う事にもチャレンジできますが、

 

全く稼げていないままですと

 

いきなり外注しようと言う

 

投資は出来ない場合がほとんどです。

 

 

 

事実、私も最初の起業時

 

本当にリスクを嫌っていましたし、

 

最初にお金が発生する事を

 

なるべく避けてきました。

 

 

 

このように1つの事をまずはうまく

 

進めて結果を出す。

 

 

 

その出た収益を資本とし次の一手、

 

またその次の一手が出し易くなり、

 

事業を大きくして行きやすくなります。

 

 

 

まずは1つの事業で収益を

 

出す事が肝心です。

 

 

 

あとはその繰り返しで

 

ビジネスは加速し易くなります。

 

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*