【LEE@輸入ビジネス】

649号「本業が忙しいと言う話」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

本業が忙しいからと言う理由で

 

セミナーやイベントに参加出来ない

 

と言う事をよく聞きます。

 

 

 

セミナー当日にキャンセル、

 

など何かしら途中で

 

辞めてしまいます。

 

 

 

私も朝8時半朝礼 23時退社の

 

サラリーマンをしていたので

 

気持ちはすごく解りますが、

 

本業が忙しい中、

 

結果を出している人は多く存在します。

 

 

 

過去のコンサル生も

 

途中で連絡が取れなくなったり

 

途中で本業が忙しいと言う理由で

 

受講をキャンセル人もいました。

 

 

 

しかし、結果を出す人は

 

とにかく「いいわけ」をせずに

 

何とか継続させてきています。

 

 

 

会社を1日ぐらい休んでも

 

会社は回りますし、

 

そこまで上司や会社が

 

あなたに期待していない事も

 

多くあります。

 

 

 

会社のルールを守る事は大切ですが

 

自分の人生のルールを守る事はもっと

 

大切です。

 

 

 

だって自分の人生ですから…

 

 

 

これは意味をはき違えると

 

自分のルールで全ての判断を

 

すると言う事になるので、

 

全てが全てとはいきません。

 

 

 

協調性は必ず必要ではありますが

 

反面、強調しない自分のルールを

 

貫き通す事もまた必要です。

 

 

 

稼ぐためには何かのリスクを背負う必要があり

 

リスクを取らないと絶対に

 

結果は出ません。

 

 

 

何かを捨てないと…

 

 

 

私の場合の一番最初に取ったリスクは

 

「再就職できないかも」と言うリスクでした。

 

 

 

従業員2000名程の会社で

 

上場もしている会社だったので、

 

辞めて何年か後に再就職

 

出来るのだろうか?

 

と言う不安とリスクを感じていました。

 

 

 

しかし、意識は起業して

 

結果を出す事に集中していたので

 

起業後はそんな事は1ミリも

 

思う事はありませんでした。

 

 

 

つまり、意識が自分の人生の

 

定めたルールや結果に向いている時は

 

不安要素や他人の意見など

 

全く気にならなくなると言う事も言えます。

 

 

 

他人が敷いたルールの中で

 

生きる事が自分の人生のルールに

 

沿っていれば良いですが、

 

そうじゃない場合は

 

本当に今すぐ辞めて

 

自分の人生のルールに沿って

 

生きる事をオススメします。

 

 

 

逆に言うと例えば会社を休むなど

 

少しのリスク、

 

その一歩踏み出す事さへ出来れば

 

同じ環境の人に出会ったり、

 

結果の出ている人に会う事で

 

人生は変わります。

 

 

 

が、これに気付くのは

 

実際に行動を起こせた人だけです。

 

 

 

変わりたくて行動しようとしているのに

 

肝心の行動が何も変わっていなければ

 

変わる事が出来ません。

 

 

 

私は4年前に起業しましたが

 

起業して1年程で多くの友人が出来ました。

 

 

 

そんな中、副業で200万稼いでいる人や

 

副業で100万円稼いでいる人に出会い、

 

また今も尚、

 

副業ながら100万円以上稼いでいる人を

 

多く知っています。

 

 

 

起業後、副業で200万円稼いでいた友人と

 

夜中によくSkypeチャットをしていましたが、

 

彼は毎日睡眠時間は2-3時間でした。

 

 

 

咳も止まらず体調がやばい…

 

とかそんな事を良いながらも

 

ほぼ毎日仕事から帰って

 

取り組める夜中の12時か1時ぐらいから

 

チャットにログインしていました。

 

 

 

今は独立して会社を設立して

 

家族とゆっくり出来る時間を大切に

 

非常に有意義な人生を歩んでいます。

 

 

 

あなたの人生のルール決めていますか?

 

 

 

何かを捨てないと

 

何も手に入らないのが現実です。

 

 

 

捨てる勇気を持って

 

自分のルールに沿って行動するだけで

 

大きな変化が現れるので

 

是非ともリスクは取って行きましょう。

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*