【LEE@輸入ビジネス】

629号「商品需要以外の仕入判断について」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

「この商品LEEさんならいくつ仕入れますか?」と

 

読者様によく聞かれる事が多いです。

 

 

 

メルマガ読者様だけでは無く

 

過去にいろいろな人をサポートする中

 

多く頂く質問の1つでした。

 

 

 

結論ですがかなりケースバイケースです。

 

 

 

理由は商品需要からだけの判断は

 

幾度を行った事が無いからです。

 

 

 

商品重要の他にたくさん

 

考えるべき事がありますね。

 

 

例えば

 

 

・ライバルは何人いるか?

 

・交渉して仕入コストをいくら下げれるか?

 

・この商品の新作は出ないのか?

 

・キャッシュフローは大丈夫か?

 

などなど

 

 

 

商品需要以外に

 

変動する条件が幾つもあります。

 

 

 

でこの変動する条件を

 

考慮しての仕入が必要になりますが、

 

ここらへんは正直勘や経験や知識が

 

物を言います。

 

 

 

つまり

 

「経験無き事、事実無し」

 

と言う言葉があるように

 

経験するからこそ

 

学べる事が多くあります。

 

 

 

例えば

 

私が選ぶ選択が必ずしも

 

100%正しくはありません。

 

 

 

正直何回も仕入れの失敗をしています。

 

 

 

今年に入っても

 

無駄な仕入は100万円はくだらないでしょう…笑

 

 

 

しかし、成功率を上げて行く事は

 

経験をしていく事で可能になります。

 

 

 

と言う事で商品需要以外の

 

仕入判断において

 

変動的な条件を見極めるには

 

経験値が物を言うのかなと思います。

 

 

 

私が経験した事で商品需要以外に

 

気をつけている所を少しだけ紹介しておくと

 

 

・自分より良い条件で仕入れられている業者がいるかどうか?

 

→自分より好条件で商品を扱うイバルが居なければ勝てる。

 

 

 

・キャッシュフローが回るかどうか?

 

→キャッシュが無くなればビジネスはできません。

仕入候補の商品を比較してできるだけ利益率が高い or 回転率が良いなど

キャッシュの回収が早い方に優先度を付けます。

 

 

 

こんな事に気を付けています。

 

 

 

もし今後仕入判断で迷った時は

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

■質問やご意見はこちらまで

lee.chongbong@gmail.com

 

コメントを残す

*