【LEE@輸入ビジネス】

598号「良質なノウハウをインプットし行動するよりも大切な事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

「ノウハウをインプットする」よりも

 

「インプットされた情報をどう使うか?」

 

の方が大切です。

 

 

 

いわいるノウハウコレクター

 

ノウハウを集める事が得意だが

 

行動に移せないと言う事を

 

指した言葉です。

 

 

 

いかに行動が大切かと言う事を

 

私も散々言ってきました。

 

 

 

もはやビジネスにおいて

 

行動しないと話にならないので

 

行動する事は当たり前。

 

 

 

ざっくり分けると

 

・ノウハウを集める人

 

・ノウハウで行動する人

 

この2つですが

 

後者においては実は

 

更に細分化する事ができます。

 

 

 

ノウハウを使い道がたくさん存在します。

 

 

 

例えば少し前に話した

 

ポンパレモールの例で言うと

 

 

 

・モールに出店して物販で売上を立てる人

 

・モールを活用したノウハウを情報販売する人

 

・モールを活動したノウハウをセミナーで教える人

 

・モールに出店している企業をコンサルする人

 

・モールに出店している企業に商品を卸す人

 

・新しいモールを作ってしまう人

 

などなど

 

 

 

1つの情報から色々な

 

使い道が別れます。

 

 

 

行動をするにしても上記のように

 

様々な行動の選択肢があります。

 

 

 

例えば私は物販が本業なので

 

私なら物販の道を選びますが

 

もしかすると物販よりは

 

経費のかからない情報販売や

 

コンサルティングの方が

 

稼げるかも知れません。

 

 

 

どういう目的や目標を持っているかにより

 

同じノウハウを受け取った人でも

 

選択肢は人それぞれで異なります。

 

 

 

ただ行動するだけでは無く

 

どういう結果に向かうために

 

どういうプロセスを歩むか

 

このようにノウハウの使い方は

 

実は色々ありますね。

 

 

 

誰に、何を、どのように売るか?

 

 

と言う小売業のマーケティングで

 

使われる言葉がありますが

 

本当にこの言葉通りで

 

インプットされたノウハウをどう使い

 

どういう結果を狙うかは

 

あなた次第です。

コメントを残す

*