【LEE@輸入ビジネス】

588号「人以外から学ぶ時のコツ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

何かを学ぼうとする時、

 

学ぶためだけに時間は設ける必要があります。

 

 

 

例えば本を読む時間

 

動画で勉強する時間

 

音声で勉強する時間

 

教材で勉強する時間

 

 

 

人から直接学ぶ時は

 

目の前に教えてくれている人がいるので

 

その人の話を聞いたり質問をしたりと

 

その人から学ぶ時間だけに使っていると思います。

 

 

 

さすがに教えてもらっている目の前にして

 

話を聞かないのは失礼ですし

 

必然とそういう時間を過ごしますよね。

 

 

 

しかしながら人が目の前にいない場合、

 

先ほどお伝えした本や動画等から学ぶ時は

 

そうは行きません。

 

 

 

何故なら単純に人が目の前にいないからです。

 

 

 

その分インプットされる情報も

 

もちろん少ないです。

 

 

 

だから文章より画像

 

画像より動画の方が

 

リアリティーがあり

 

伝わりやすいです。

 

 

 

人からの教えは最もリアリティーがある分

 

インプットされ易く、

 

行動にも移し易いです。

 

 

 

しかし、実は人からの直接的な教えは

 

整理されていない事が多く

 

それ意外からの情報の方が

 

整理されており

 

インプットする力さへあれば

 

かなり効率よく学ぶ事ができます。

 

 

 

しかし、やはり人が目の前にいない分

 

インプットが難しいんですね。

 

 

 

これを克服する方法ですが

 

「学ぶためだけの時間を設ける」事です。

 

 

 

私の実体験から事例を出すと

 

私は読みたい本がたくさんありますが

 

あまり読む事自体は好きでは無く

 

いつも後回しになってきました。

 

 

 

どうやって解決したかと言うと

 

「本を読むための時間、

 

学ぶためだけの環境」

 

を設ける事で解決できます。

 

 

 

例えば一昨日の話をすると

 

寝る前に本を読むとタスクに入れ

 

テレビ、PC、電気、音楽

 

全てをシャットダウンして

 

本を読む事しかできない時間を設けました。

 

 

 

そうするとあまり好きでは無い

 

本を読む事ができ、

 

学ぶ事ができました。

 

 

 

このように人意外から学ぶ時程

 

学びを得るためだけの時間を

 

設ける事をオススメします。

 

 

 

学ぶ方法って

 

「人、本、動画」

 

この3つが最も学べますので

 

上記の「人」以外から学ぶ時のコツを覚えておくと

 

また学びが増えるのかなと思います。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

コメントを残す

*