【LEE@輸入ビジネス】

587号「トップはトップじゃない環境にも身を置くべき」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

本日は月曜日ですね、

 

週初なので今週も頑張って行きましょう。

 

 

 

誰もが一度は憧れるトップになると言う事、

 

今となっては会社においては

 

私がトップとして会社を引っ張っています。

 

 

 

私自身はサラリーマン時代は

 

上司も部下もいました。

 

 

 

上司の方が多かったのですが、

 

その頃から本当に尊敬する上司にしか

 

素直に従わず、

 

300人ぐらいいるオフィスのど真ん中で

 

昼間っから課長と大喧嘩した事もあります。笑

 

 

 

しかし、今は自分の会社においては

 

自分がトップで誰かのコンサルも

 

受けておらず、

 

自分以外に会社に意見する人はいません。

 

 

 

起業や独立や副業で実践中の人は

 

ほとんどがすでにトップと言う立場に

 

なっていると思います。

 

 

 

しかしながら人間なので

 

必ずしも弱点も兼ね備えています。

 

 

 

もちろんトップは

 

一番仕事ができる事が多く

 

自分より優秀な人間が

 

自社内から現れる確立は

 

ほとんど無いでしょう。

 

 

 

ただし、私も3年半程

 

トップとしてやってきましたが

 

トップと言う環境だけに身を置く事は

 

良くないと言う事が解りました。

 

 

 

何故なら上には上が必ず存在し、

 

自分の弱点を持ち合わせている

 

尊敬する人物がいるからです。

 

 

 

例えば社長がずっと

 

会社に居て毎日ガンガン仕事をしている場合は

 

いつかその企業は衰退する事が

 

強く予測されます。

 

 

 

何故なら情報が古くなっていき

 

自分のキャパでしか会社を

 

育てれないからです。

 

 

 

今となってはウェブから

 

ほとんどの情報は受取れますが

 

やはりトップは人と会うべきで

 

刺激を受け、情報を共有して

 

高め合う事が必要です。

 

 

 

私自身もここ1年程は

 

会社に行く日が半分程で、

 

人と会う機会を多く

 

設けています。

 

 

 

それはやはり自分がトップと言う

 

立場ではない環境に出向いて

 

学ぶ事を忘れないためでもあります。

 

 

 

と言う事でトップと言う環境ばかりでは無く

 

たまにはトップでは無い環境に

 

身を置く事をおススメします。

 

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*