【LEE@輸入ビジネス】

585号「鉄板のマーケティング方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

現在色々なサービスや施策を準備中です。

 

 

 

サービス系で行くと3件程

 

物販系で行くと2件程。

 

 

 

+実店舗の準備と言う感じ

 

充実しています。

 

 

 

ただし、ワールドカップのおかげで

 

寝不足が続いています。(笑)

 

 

 

現在色々な仕込みをしている中で感じますが

 

基本ビジネスでは

 

マーケティングがかなり大切です。

 

 

 

物販で言うところのリサーチですね。

 

 

 

いくら良い商品を作ったとしても

 

いくら機能が素晴しい商品を扱えても

 

ニーズが無ければ

 

顧客が居なければ

 

ビジネスにはなりません。

 

 

 

そんな中私が大切にしている事は

 

やはり自分の体験や経験です。

 

 

 

基本的に新しいサービスや

 

流行っているサービスは利用しますし

 

商品も買います。

 

 

 

実際に自分が顧客として

 

体験し経験しながら

 

マーケティングをしています。

 

 

 

机上の空論と言う言葉がありますが

 

机上の空論とそうでない違いは

 

「裏付けがあるかどうか」と言う事が言えます。

 

 

 

自分が触れた事がなかったり

 

経験した事がなかったり

 

体験した事が無い事に対して

 

サービスを提供したり

 

人に教えたりしても

 

結果は出にくいです。

 

 

 

しかし、中には良いサービスや

 

非常に満足度の高いサービスもあります。

 

 

 

両者で何が違うかと言うと

 

やはり「裏付けがあるか」です。

 

 

 

ですので、自分が誰かに

 

サービスを提供するのであれば

 

自分自身も色々なサービスに

 

触れてみる事をおススメします。

 

 

 

私は 物販=サービス だと思っています。

 

 

 

転売と言う言葉が流行っている事もあり

 

ただ物を右から左へ流すと言う事では

 

無いのかなと思います。

 

 

 

最近行っている物販の施策で行くと

 

ノベルティー商品を1000個程用意して

 

客単価を上げる+成約率を上げる 施策として

 

プレゼント企画に着手しています。

 

 

 

例えば私がこれを人に伝える事は

 

一度去年にすでに実践し

 

成功したからこそ裏付けがあり、

 

机上の空論ではありません。

 

 

 

しかし、これを経験していない

 

ただ情報を持っている人が伝えると

 

机上の空論となるんですね。

 

 

 

ですのでマーケティングの鉄板は

 

自分の体験や経験かなと強く思います。

 

 

 

裏付けに基づいた

 

サービスを提供して行きたいものです。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*