【LEE@輸入ビジネス】

583号「保証の有無による商品特定」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

私は過去にネットショップを20店舗程

 

作ってきました。

 

 

 

思い出せば最初の1店舗目は

 

徹夜で作り込んだり

 

力を入れましたが全く売れず(笑)

 

2店舗からかなり売れだした記憶があります。

 

 

 

商材も様々扱ってきました。

 

 

 

そんな中カデゴリによる

 

良し悪しがあったので

 

少しシェアしてみたいと思います。

 

 

 

色々な商品を扱ってきましたが

 

大きく商品を分類するのであれば

 

「保証の有無」です。

 

 

 

まずはアパレルや雑貨等には

 

保証が必要ありません。

 

 

 

もちろん初期不良や説明と違う場合は

 

返品に応じる必要がありますが

 

基本的には保証が必要ない場合が多く

 

売った後に生じる業務は少ないです。

 

 

 

クレームも入りにくいカデゴリです。

 

 

 

理由は機能性はあまり問われず

 

また購入した後の選択肢が多いです。

 

 

 

その服が無くても

 

他の服を持っていますし

 

シーンも様々ですね。

 

 

 

打って変わって電気を使う商品は

 

「保証」が必要不可欠です。

 

 

 

今となっては日本製品の例えば「時計」

 

保証の付いてない新品商品は

 

ほとんど無くなりましたね。

 

 

 

もう「保証」があって当たり前の世界です。

 

 

 

そんな中、輸入品&保証無し

 

と言う条件では

 

なかなか成約が上がりません。

 

 

 

もし売れる理由があるとすれば

 

「価格」「希少性」

 

この2つしか無いかなと思います。

 

 

 

で、もちろんビジネスをしていれば

 

クレームを受ける事があります。

 

 

 

当社で月に1件あるか無いかですが

 

「保証」に関してのクレームの方が

 

圧倒的に対応に時間がかかります。

 

 

 

・例えば保証を付けてないにも関わらず

 

保証を求められる。

 

・保証期間が終ってるにも関わらず

 

保証を求められる

 

 

 

等々

 

 

 

保証の無い商品と違って

 

クレームの対応も大変です。

 

 

 

そして、感覚的にですが

 

電気を使う商品に関しては

 

少しだけクレーマーが多いです。

 

 

 

電気を使う商品は

 

例えばアパレルとは違い

 

少しだけマニアックな側面を

 

持っている事が理由の1つでもあります。

 

 

 

もう1つの理由は商品を手にした後の

 

選択肢が限られています。

 

 

 

例えばラジコン、

 

ラジコンを使う場面なんて

 

ラジコンで遊ぶ時しかありませんよね。

 

 

 

つまり選択肢が非常に少ないのです。

 

 

 

冷蔵庫を2台、3台使っている

 

家庭なんてほとんどありません。

 

 

 

このように経験上、

 

「保証の有無」により

 

販売後のクレーム対応は

 

圧倒的に保証有の商品の方が多い事を

 

シェアしておきます。

 

 

 

ただ、特に初心者の方は

 

クレームを怖がる傾向がありますが、

 

クレームはビジネス上

 

必ずありますので気負いなく

 

ビジネスをして行きましょう。

 

 

 

100%全員の人が納得する商品なんて

 

この世にありません。

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*