【LEE@輸入ビジネス】

577号「どこでも仕事ができるのは嘘」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

出張先や旅行先でよく人に

 

「どこでも仕事ができますね」

 

と言われます。

 

 

 

IT企業だと伝えると

 

だいたいそのような事を

 

言われます。

 

 

 

ぞくに言うノマドですね。

 

 

 

確かに一理その側面はありますが、

 

実際にはどうでしょうか?

 

 

 

以前にもお伝えした通り

 

仕事は「作業系」と「思考系」に

 

別れます。

 

 

 

そしてもう1つあるのが

 

「思考+作業系」です。

 

 

 

作業系:何かの作業

 

思考系:思考する事

 

思考+作業系:思考しながらの作業

 

 

 

作業系のいわいる誰でも

 

できるような仕事は

 

どこにいても何の影響も無く

 

できると思います。

 

 

 

思考系の仕事は

 

移動中にでもできますし

 

歩きながらでもできます。

 

 

 

しかし「思考+作業系」は

 

関してはそうは行きません。

 

 

 

十分な時間確保と

 

集中できる場所が必要です。

 

 

 

私の場合は事務所がやはり

 

一番集中できます。

 

 

 

ホテルでも集中はできますが

 

事務所程の集中はできません。

 

 

 

例えば出張先や旅行先で

 

空いてる1時間とか2時間とかを

 

仕事の時間に使う時は

 

完全に作業系の仕事に向いています。

 

 

 

もちろんそれ以上の十分な時間確保が

 

可能なら思考系の仕事もできます。

 

 

 

1時間2時間で

 

思考系の仕事はできなくは無いですが

 

時間に余裕がある時にしなければ

 

クオリティーが下がる事が

 

過去の経験上、

 

完全に判明しています。笑

 

 

 

私の場合は事業の決定や

 

大きな仕事がある時は

 

丸1日その仕事や事業計画について

 

集中して定めていきます。

 

 

 

例えばこのメルマガは

 

思考+作業系の仕事だと思っています。

 

 

 

だいたい2時間ぐらいの

 

余裕がある時にしか書きません。

 

 

 

30分ぐらいで書ける日もありますが

 

記事の修正やより良い記事にするには

 

少し余裕を持って記事を書く時間を

 

設けています。

 

 

 

例えば出張先や旅行先で

 

1時間しか時間が無い時は

 

良い記事が書けない事が多いので

 

書かないようにしています。

 

 

 

もしくは途中まで書いて破棄しています。

 

 

 

何が言いたいかと言うと

 

作業系の仕事は場所はどこでも

 

する事は可能ですが、

 

思考+作業系の仕事は

 

十分な時間確保と

 

集中できる場所が必要です。

 

 

 

その方がクオリティーが上がります。

 

 

 

仕事のスケジュールにおいて

 

拘束時間を管理する人は多いですが

 

それに+集中できる場所も踏まえ

 

スケジューリングする事をオススメします。

 

 

結論、仕事の種類によって

 

どこでも仕事ができるわけではないと言う事です。

 

 

 

今日から韓国に4日程滞在するので

 

たぶん思考+作業系の仕事は

 

あまりできないと思います。

 

 

 

唯一このメルマガを書く2時間は

 

設けるつもりなので頑張ります。

 

 

 

メールが届かなかったら

 

集中できる場所

 

十分な時間確保

 

この2つが揃わなかったと思って下さい。

 

 

 

少し足を使った仕入も

 

できそうならしてきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*