【LEE@輸入ビジネス】

576号「損切りには〇〇日ルールを設けましょう。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

こんな質問をよく頂きます。

 

 

 

・売上に対する在庫比率の適正値は何%か?

 

・在庫を損切りするタイミングはいつか?

 

 

 

私がよく状況を把握している方であれば

 

明確にアドバイスできますが

 

そうじゃない場合は

 

正直状況次第なので解りません。笑

 

 

 

ただし、1つだけ有効な

 

指標があるので

 

今日はその方法を

 

シェアしたいと思います。

 

 

 

非常にシンプルな指標ですが

 

「○○日ルール」を設定する事です。

 

 

 

例えば

 

・30日ルール

 

・60日ルール

 

・90日ルール

 

と言うように

 

在庫にしてから

 

損切りするタイミングを

 

定めてしまうのです。

 

 

 

30日ルールを説明すると

 

仕入日から30日経過した商品は

 

価格を下げたり

 

原価で販売したりして

 

売上金に換える動きをします。

 

 

 

 

 

本来は商品単位で損切りのタイミングを

 

変更させていくのが

 

最も効果的ではあるのですが

 

正直管理が大変です。

 

 

 

そして最悪のパターンは

 

ズルズル行って

 

・キャッシュに換わらないまま倉庫で眠ってしまう

 

・キャッシュに換わっても完全に赤字

 

と言う状況になる事もあります。

 

 

 

ですので〇〇日ルールと言うように

 

在庫にも時間軸を入れ

 

強制的にキャッシュに換えてしまう

 

ルールを設けておくと良いでしょう。

 

 

 

商品価値は上がる物と下がる物がありますが

 

一般的な新品商品は基本的には

 

価値が下がり続けます。

 

 

 

つまり、在庫にして

 

予想より売れていない商品は

 

現状よりどんどん売れなくなっていくと

 

言う事です。

 

 

 

また、限定生産などの

 

希少性の高い商品場合など

 

仕入が限られていない商品は

 

また仕入れれば良いだけですので、

 

ルールに乗っ取って

 

損切りしてしまっても

 

良いのではと私は思います。

 

 

 

在庫資産が利益額を超えると

 

キャッシュがどんどん無くなりますので。

 

 

 

売れる商品を回転させる事は重要ですが

 

売れない商品にルールを設けて

 

回転させる事も重要です。

 

 

 

キャッシュだけの事を考えると

 

30日ルールが望ましいですが

 

現実的には60日ルールや90日ルールを

 

オススメします。

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

コメントを残す

*