【LEE@輸入ビジネス】

575号「今しかできない事を選択する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

「今自分にしかできない事」

 

を選択しましょう。

 

 

 

噛み砕くと

 

「今の環境を最大限に利用」

 

しようと言う話をしたいと思います。

 

 

 

人生は一回しか無いですし

 

「今」は1秒後にはもうありません。

 

 

 

私の話を少しすると

 

元々はもちろんプレイヤーを経て

 

今はプレイヤー 兼 経営者として

 

ビジネスをしています。

 

 

経験して感じますが

 

プレイヤーと経営者は全くの別物です。

 

 

 

よく経営者って楽そうですよね。

 

 

 

とか言われる事がありますが

 

決してそんな事はありません。笑

 

 

 

背負っている物がそれなりにあります。

 

 

 

起業して3年半程ですが

 

経営する会社もようやく2社になりました。

 

 

 

で「今自分にしかできない事」と

 

上記の話が何の関係があるのかと言うと、

 

私が今経営者を選択しているのは

 

今自分にしかできない事と

 

感じているからです。

 

 

 

プレイヤーにはいつでも戻れますし、

 

プレイヤーの方がよっぽど簡単です。

 

 

 

しかし、やはり成長していくには

 

常に難しい選択肢に

 

チャレンジし続ける必要があります。

 

 

 

だいたい簡単な選択肢は

 

またいつでも選択できる選択肢です。

 

 

 

今自分がするべき選択肢は経営で

 

経営できる人は限られていると感じています。

 

 

 

また、今私の元で私のパートナーとして

 

働いてくれているスタッフと

 

一緒に仕事をできる期間は

 

そう長くは無い事もあります。

 

 

パートナーからしてもそうで

 

私と仕事をできる期間は

 

限られています。

 

 

 

大手の会社なら平均勤続年数が30年の

 

企業もありますが、

 

私達のような中小ベンチャー企業は

 

3年以下の会社も多くあります。

 

 

 

当社でも3年程で

 

・会社都合

 

・自己都合

 

・独立

 

それぞれ平均的な割合で

 

人は6名程は入れ替わっています。

 

 

 

仕事をする上で私が最も大切だと思う事は

 

年収や地位も大切ですが

 

誰と働いてどんな経験とどんな時間を

 

過ごして行くかが大切かなと感じています。

 

 

ですので、

 

今しかできない選択肢をする事は大切です。

 

 

 

先ほどプレイヤーと経営者は

 

異なるとお伝えしましたが

 

記事とは趣旨がずれますが

 

少し比較してみますね。

 

 

 

■プレイヤー

 

気軽で稼ぎ易いです。

 

経理も単純でやればやる程

 

青天井です。

 

 

 

ただし、一人物販では

 

人的リソースに限界があり

 

間違った方向に進んでいても

 

誰も気付いてくれません。

 

 

 

孤独感は経営者より

 

プレイヤーの方が

 

強いかも知れません。

 

 

 

環境にもよりますが

 

最新情報を入手できるか否かも

 

収益を伸ばす時のポイントになります。

 

 

 

あとは責任の問題は

 

自分だけなのでかなり気持ち的には楽です。

 

 

 

私的成功は感じる事ができますが

 

公的成功は感じにくいです。

 

 

 

■経営者

 

考える軸が非常に多く

 

うまくやればプレイヤーより稼げます。

 

 

 

しかし、だいたいは最初

 

収入は減ります。

 

 

 

また、人対人の場面が多くなるので

 

コントロールや舵取りが大変です。

 

 

 

それを失敗すれば私だけでは無く

 

スタッフも生き場を失うますので。

 

 

 

事業は人に任せていってはいますが

 

それ以上に私が新しい仕事を発掘したり

 

受注してきているので

 

常に走り続けていないと

 

いけない状態です。

 

 

 

責任としてはプレイヤーより

 

重大でそれなりの覚悟が必要です。

 

 

 

ただ、人の成長や事業の成長を

 

人と分かち合える側面があり

 

公的成功を感じる事ができます。

 

 

 

あなたが今できる選択肢はどちらでしょうか?

 

 

 

少なくてもこの記事を呼んでいる人は

 

プレイヤーは多いと思いますし、

 

まだプレイヤーで無い立場でも

 

プレイヤーなら誰でも動けばなれます。

 

 

 

私としては両方を経験してみても

 

ありだと思います。

 

 

 

それぞれに良し悪しはありますので。

 

 

 

ただ、両方を経験した結果、

 

私の場合は経営者の方が

 

やりがいを感じます。

 

 

ですのであと10年ぐらいは

 

プレイヤー 兼 経営者として

 

走っていくと思います。

 

 

 

本来は人に任せて

 

完全なるオーナーになる事が

 

私の目標でもあり、

 

一時期、本当に経営を任せて

 

何もしなくても良い時期がありましたが、

 

実際は楽しさや充実感は

 

片足を突っ込んだプレイヤーの方が勝っていました。

 

 

 

やはりチャレンジして検証して

 

思った通りの結果が出た時は

 

変えようが無い幸福を感じれます。

 

 

 

プレイヤーはいつでも戻る事ができますしね。

 

 

 

今の環境を最大限に生かして

 

プレイヤーになるか経営者になるか

 

立ち位置を考えてみましょう。

 

 

 

また今回はプレイヤーと経営者と言う選択肢で

 

事例を紹介しましたが、

 

それ以外にも今しかできない事は

 

実はたくさんあります。

 

 

 

どこかの講師業でもそう

 

サラリーマン経験だってそう

 

海外旅行だってそう

 

親孝行だってそうです。

 

 

 

プレイヤーと経営者以外の所でも

 

この選択肢は必要な考え方なので

 

是非とも今しかできない事は

 

どんどんやって経験して

 

成長して行きましょう!

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*