【LEE@輸入ビジネス】

552号「起業すると選択肢は難しくなる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

 

起業する理由は人それぞれです。

 

 

 

起業とは新しく事業を始めること

 

このメルマガを読んでくれている人は

 

副業として起業している人も多くいると思います。

 

 

 

起業する理由が多い例としては

 

・お金が欲しい

 

・自由な時間が欲しい

 

主にはこの2つです。

 

 

 

ちなみに私は「お金と時間に余裕のある人間」を

 

目指して起業を決めました。

 

 

 

そして起業当時よりお金も時間も

 

少しずつ増やす事ができています。

 

 

 

しかしながら

 

「制限が無い分 選択肢は難しい」

 

と言う事がよく感じるようになりました。

 

 

 

制限とはつまりお金や時間です。

 

 

 

会社員時代は両方に制限があり

 

「会社を辞める」と言う選択肢以外には

 

ほとんど選択した事がありませんでした。

 

 

 

会社で与えられた数字や業務を

 

実行するだけでした。

 

 

 

もちろん小さな選択肢は多くあります。

 

 

会社のチームの数字を達成させるために

 

色々試行錯誤する中での選択肢や

 

人付き合いでの選択肢や

 

そういった選択肢はたくさんありました。

 

 

 

当時はそれで一杯一杯だった

 

記憶があります。

 

 

 

しかし、今起業して

 

目の前にやってくる選択肢と比べると

 

天と地の差があります。

 

 

 

決して会社員を馬鹿にしているのでは無くて

 

選択肢の難易度は今とその時とで

 

本当に差があると素直に感じます。

 

 

 

私は両方を経験しているので

 

両方の立場でもあります。

 

 

 

当時の自分から思えば本当に大きな

 

決断や選択でしたが

 

今となっては今抱えてる選択肢の方が

 

何倍も難しいと感じます。

 

 

 

制限があった会社員時代も

 

制限が無い起業した今も

 

両者に言える事は

 

正しい選択肢をする事が

 

本当に重要と言う事です。

 

 

 

会社員時代に唯一した選択肢

 

これは今となっては

 

正しい選択肢だったと感じます。

 

 

 

会社員時代は制限があり

 

選択肢も限られていたので

 

最優先の正しい選択(会社をやめる事)を

 

する事ができましたとも言えます。

 

 

 

制限があまり無い今は

 

選択肢がありすぎて逆に困る事も多々あり

 

常に正しい選択肢をする事が

 

難しかったりします。

 

 

もちろん選択肢の正解なんて

 

選択してみないと解らない事が

 

ほとんどです。

 

 

ただし選択肢にも難易度があり

 

時間の経過や成長と共に

 

難易度はどんどん上がっていきます。

 

 

きっと起業している人は

 

かなり共感できると思います。

 

 

 

まだ起業していない人は

 

ピンと来ないかも知れませんね。

 

 

 

決して起業が楽な選択肢では無いと思いますし

 

色々な問題(選択肢)がありますが

 

難易度は成長と共に上がってくるので

 

今目の前にある問題(選択肢)は

 

難しいと考えずに

 

ささっと決断して行く事が重要ですね。

 

 

またこれからもっと難易度の高い

 

選択肢を迫られる事でしょう。

 

 

起業とはそういう事だと思います。

 

 

苦労話と言うか起業ならではの悩みですが

 

今日の記事が何か参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

*