【LEE@輸入ビジネス】

541号「数千万円を借金してしまいました…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

今日の内容は物販ビジネスを

 

長期的にするのであれば

 

必要な考え方なので

 

是非ともガッツリと長期的に

 

ビジネスしたいと言う場合は

 

最後まで読んでみて下さいね。

 

 

物販ビジネスをするには資金が要ります。

 

 

もちろん無在庫販売と言う方法を取れば

 

キャッシュはあまり必要ありません。

 

 

しかし、大きく稼ごうと思えばやはり

 

在庫販売が必要ですし、

 

外注さんやスタッフを雇う事が必要で

 

その分人件費もかかります。

 

 

その他事務所の家賃等を含めて

 

大きくしていこうとすればする程

 

固定費が大きくなります。

 

 

私も起業当時は30万円しか資金が無く

 

固定は1万とか2万とかの世界でした。

 

 

気楽でした。笑

 

 

しかし今は会社を育てるという選択肢を取ったため

 

固定費もどんどん大きくなってきています。

 

 

何回かメルマガではお伝えした事がありますが、

 

私はお金を借りています。

 

 

会社の売上を大きくするため

 

また、何かあった時の保険として

 

数千万円を借りています。

 

 

借りている先は

 

・日本政策金融公庫

 

・銀行を通しての保証協会

 

・銀行(プロパー)

 

です。

 

 

今日はこの3つのうちあまり触れた事が無い

 

銀行直(プロパー)の借入についても

 

少しシェアしたいと思います。

 

 

基本的に銀行直(プロパー)で借りる事は

 

少しハードルが高いです。

 

 

3年分の決算書が基本的には必要で、

 

個人で決算書が無い場合は

 

納税証明書が必要になってきます。

 

 

また、事業計画書が必要で

 

その他にも書類を取り寄せる必要があります。

 

 

そして銀行の本社で稟議にかけ

 

許可が出れば借りる事ができます。

 

 

そしてハードルが高い上、

 

何と金利は先ほど紹介した3のうち一番高いです。

 

 

銀行により異なりますが

 

だいたい1%〜2%高いです。

 

 

私の場合は無担保で銀行直(プロパー)で

 

借りる事ができましたが、

 

担保が必要な場合ももちろんあります。

 

 

銀行直(プロパー)は3つの内1番ハードルが高い上、

 

金利も高くなるのに何故

 

銀行直(プロパー)で借りる必要があるのか?

 

 

3つのうちハードルが低い2つで

 

十分にビジネスで使うお金は借りる事が

 

できると思います。

 

 

金利も安いですし。

 

 

ちなみに、銀行直(プロパー)で借りられた時は

 

正直自分の経営が認められたと言う点もあるので

 

かなり嬉しいです。笑

 

 

例えば情報販売系のビジネスだけの場合は

 

ほとんど借りる事ができません。

 

 

まぁキャッシュが必要ない場合が多いので

 

借りる必要もありませんが、

 

お金を借りられると言うのは

 

経営が認められると言う点もあります。

 

 

ではその認められるためだけに

 

LEEはお金を借りたのか?

 

 

ステータスが欲しかっただけなのか?

 

答えはNOです。

 

 

理由は何かあった時の保険と言う観点と

 

今後長期的にビジネスをしていく中で

 

お金がガツンと必要なタイミングが

 

ある事を予測しているからです。

 

 

銀行直(プロパー)の方が実行される(実際に借入額が入金される)スピードは早く

 

臨機応変に対応する事が可能です。

 

 

ちなみに私の場合は商談から借入まで

 

2週間でした。

 

 

正直最近はリスクが高いビジネスに

 

チャレンジしていっています。

 

 

リスクが高いと言うか

 

取引額が大きいビジネスが

 

多くなってきています。

 

 

クレジット枠を増やすように

 

借入枠を増やしていっています。

 

 

つまり現状は

 

 

会社のキャッシュ

 

+

 

クレジット枠

 

+

 

借入の枠

 

+

 

補助金

 

 

このように使える資金を

 

どんどん増やしていっています。

 

 

額はちょっと公表するのを控えますが

 

起業当時と比べると本当に資金力がつきました。

 

 

もちろん借りたお金は使わなくても

 

金利がかかってきています。

 

 

正直ほとんどの借りたお金は使ってなく

 

保険として置いています。

 

 

では金利がもったいないのでは?

 

と感じますよね。

 

 

1000万円借りて2%でも20万円の

 

金利がかかりますからね。

 

20万円が無駄と言う考え方もできます。

 

 

しかし私はこう考えています。

 

 

銀行直(プロパー)での借入は

 

1つの投資と言う考え方です。

 

 

1000万円借りて損するかも知れない20万円は

 

投資額と考えています。

 

 

一度借りて信用を得て、

 

資金力をガンガンつける。

 

 

会社のキャッシュが回らなくなったら

 

文字通り倒産します。

 

 

黒字倒産と言う言葉もあるくらいですから

 

儲かっていても倒産する事もあるのです。

 

 

売上はたっているけど、

 

売上の入金が遅れていたり、

 

経費の支払いが重なったり、

 

経費の支払いサイクルが早かったり。

 

 

100万円の資金

 

500万円の売上

 

400万円の支払

 

この場合は売上金と資金で600万円

 

400万円の支払なので200万円残ります。

 

 

しかし、例えば売上金の入金が60日後

 

経費の支払が30日後だとすると、

 

30日後に資金100万円から

 

400万円の支払をする事は不可能です。

 

 

この場合は黒字ですが資金が尽きて倒産します。

 

 

これが黒字倒産です。

 

 

つまり経営において資金は命なのです。

 

 

資金は解り易く言うとガソリンです。

 

 

車はガソリンが無ければ走れません。

 

 

こいいう理由で金利が高い

 

銀行直(プロパー)でもお金を借りています。

 

 

備えあれば憂いなしと言えば解り易いかも

 

知れません。

 

 

無借金経営が正解なのか

 

有借金経営が正解なのか

 

この答えは経営者のみが知ります。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*