【LEE@輸入ビジネス】

534号「利益を2倍3倍へする方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

ビジネスでもそうでなくても

 

たまにはリミッターを外す事を

 

しないと行けないと思います。

 

 

人間は基本的に保守的になる動物です。

 

 

セーブをして保つ事を自然と

 

してしまいますし、

 

まだ見た事無い世界へ飛び込む事を

 

恐れるようになります。

 

 

これはビジネスでも同じです。

 

 

私も何か新しい事をやる時は

 

恐怖が常につきまとっています。

 

 

もちろんそれ以上のスリルと

 

それ以上の情熱があってするわけなんですが。

 

 

ある程度の売上まで行くと

 

現状維持をしようとする

 

行動を起こすようになります。

 

 

ここで自分でリミッターを

 

設定してしまうと

 

今以上の成果は得る事はできません。

 

 

もちろんライフスタイルとの兼ね合いもあるので

 

現状の維持ができるビジネスが

 

正解ならそれはそれで良いです。

 

 

しかし、本来はもっと上を目指しているのに

 

リミットを決めてしまう事もあります。

 

 

そして、売上を伸ばして行くのに

 

一番のネックになるのがリソースです。

 

 

リソースの限界が来ると

 

これ以上は無理だなと感じ、

 

目先の売上を捨てる事も出てきます。

 

 

私も一人物販時代には

 

上記のような機会が多くありました。

 

 

いや、もう無理だな…と感じるわけです。

 

 

しかし、そこから売上を伸ばせた理由は

 

リミッターを外せた事です。

 

 

自分のリソースでは到底できない

 

溢れる仕事を作り、

 

売上を作る事をしてみました。

 

 

すると当時いた外注さんに追加で仕事を依頼したり

 

新たに外注さんを雇用したり

 

アルバイトを雇用するようになりました。

 

 

リミッターを外す前は

 

これ以上売上げが増えたらどうしよう?

 

どういう方法が一番ベストなんだろう?

 

などなどを悩んでいました。

 

 

しかし、計算も何もせずにとりあえず

 

リミッターを外して売上をたくさん作ってみると

 

悩んでいる時間など無いので

 

結構うまくいく事が多かったです。

 

 

結果的にリミッターを外した後は

 

利益が2倍3倍と残るようになりました。

 

 

この時にリミッターを外さなければ

 

たぶん個人事業主のままで

 

売上もたいして伸びていなかったでしょう。

 

 

ちなみに外注や自動化と言うキーワードが

 

最近では美学のような

 

位置づけになっていますが、

 

決してそうでは無いと思います。

 

 

そもそも外注の位置づけは

 

・リソースをアウトソーシングする

 

・自社では不可能な技術的な仕事を依頼する

 

ためのものです。

 

 

最初から自動化するのも

 

もちろん否定はしませんし

 

それでビジネスが成り立っているなら

 

素晴らしいと思います。

 

 

しかし、ビジネスを伸ばして行こうと思えば

 

自社でまずは限界を超える仕事と売上を作り、

 

リミッターを外した後に外注する事がベストです。

 

 

かなり強引にたまにはリミッターを

 

外してみると良いでしょう。

 

 

基本何とかなる精神でやってきましたが

 

本当に何とかなります。

 

 

気合い根性論でほとんどの問題は

 

解決できますので(これ本当)笑

 

たまにはそういう精神論も

 

大切かなと思います。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*