【LEE@輸入ビジネス】

533号「これも1つのスキル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

他社や他人と共有する時は

 

スムーズに行えるようにしましょう。

 

 

最近は動画を人と共有するのに便利な

 

こんなサービスがあります。

 

 

RealPlayer Cloud

 

http://jp.real.com/

 

 

2GBまで無料です。

 

 

動画の共有だけではなく

 

データの共有方法はテキストや画像があります。

 

 

販売者と購入者

 

外注元と外注先

 

社長とスタッフ

 

社長と外部パートナー

 

各それぞれとで必ず「データの共有」が

 

必要になりますね。

 

 

以前もお伝えした事がありますが

 

・テキスト

 

・画像

 

・動画

 

の順番で人によく伝わります。

 

 

商品説明分より

 

商品説明画像

 

商品説明動画

 

の方が人に伝わります。

 

 

ですのでどのプラットフォームでも

 

画像を多く設定した方が売れると

 

言われています。

 

 

楽天では動画を入れると

 

CV率が上がると言われています。

 

 

では

 

・テキスト

 

・画像

 

・動画

 

の順番で人によく伝わるのであれば

 

全ての共有ごとは動画の方が良いのか?

 

と言うとそれはそうではありません。

 

 

動画はデータ量が重く、

 

外出している時の端末からは

 

再生をするのに時間がかかりますし、

 

音声が出ますので、

 

一人では無い場合は

 

基本的に見る事はできません。

 

 

そして対象となる箇所を見つけるためには

 

動画を再生して、ストップして、

 

巻き戻したりする操作が必要になります。

 

 

そういう事を考えると

 

文章の方が調べたい箇所を

 

Ctrl Fでテキスト検索できますので

 

文書の場合が良い場合があります。

 

 

しかし、文字より画像の方が解り易いため

 

テキスト+画像でデータを作ると良いです。

 

 

ですのでテキストと画像はセットと考えると

 

良いでしょう。

 

 

・テキストデータには必ず画像を必ず付ける

 

・余裕があれば動画データも用意する

 

・数値化できない事は動画で説明する

 

 

こんなルールを持つとデータの共有が

 

やり易いです。

 

 

例えば

Amazonでの購入のやり方を人と共有する時は

 

 

・テキストの場合

Amazon.co.jpにアクセスし

対象商品ページの「ショッピングカートに入れる」をクリック。

 

 

・画像の場合

http://leeeeee.web.fc2.com/amazon_buy.png

 

動画

この操作を動画を撮影しyoutubeにアップ

 

 

このような単純操作を共有する場合は

 

動画の用意までする必要はありませんね。

 

 

動画じゃなくても解ります。

 

 

今回のようなシンプルなパターンでは無く

 

複雑なパターンの事柄を説明や共有する場合は

 

こんなにスムーズには行きません。

 

 

例えば検品業務を人と共有したい場合(マニュアル)は

 

・テキストで説明

 

・できれば画像や動画説明(撮影)

 

こうなります。

 

 

撮影までできたらベストです。

 

 

リサーチのやり方を教えるには

 

・テキスト+画像

 

・動画説明

 

こうなります。

 

 

この場合はPCを使ってのリサーチなので

 

画像や動画も簡単に取り入れる事ができます。

 

 

パスワードを人と共有する場合は

 

・テキストか画像

 

こうなります。

 

 

動画で共有するには逆に時間がかかりますので

 

動画は必要ありませんね。

 

 

このように適材適所で

 

3つの共有方法の使い分けが必要です。

 

 

私の場合ですが

 

テキストはGoogleドキュメント

 

画像はSkitch(mac)

 

動画はQuickTime Playerで収録し

 

youtubeにUPしURLで共有。

 

 

この3つの方法を適材適所で

 

的確に共有する事を覚えておくと

 

どんな場面でも人と共有する時は

 

スムーズに行きますね。

 

 

他社や他人と共有する事は仕事上

 

結構大事だと思います。

 

 

Aと言う同じ内容で連絡を取る場合に

 

一度の連絡で完了する人と

 

三度連絡しても完了しない人と分かれます。

 

 

これも1つのスキルですね。

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*