【LEE@輸入ビジネス】

519号「リアル店舗の視察に行ってきました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

今日は実店舗の視察を兼ねて

 

大阪の堀江と言う場所に行ってきました。

 

 

テナント募集の物件を足を使って

 

見に行った感じです。

 

 

堀江と言う場所は少しオシャレな

 

町並みで雑貨屋やカフェや

 

セレクトショップが並ぶ街です。

 

 

大阪の心斎橋のすぐ近くにあります

 

 

今年中にやりたいビジネスの1つとして

 

実店舗のビジネスがあります。

 

 

ネットショップで運営しているブランドを

 

実店舗で展開したいと思っています。

 

 

実店舗を運営している経営者には

 

儲からないからやめとけと言われる物の(笑)

 

私の中では賃金さへ合えば

 

ネットショップとの相乗効果が

 

見込めるので是非やりたいと思っています。

 

 

ぶらぶら街を見る間に1つの雑貨屋さんに

 

辿り着きました。

 

 

そこの雑貨屋には可愛らしい雑貨が

 

たくさん並べられているのですが、

 

何と2年前に私が独自で扱っていた

 

商品が販売されていました。

 

 

当時仕入値は600円でした。

 

 

ズバリこの商品です。

 

http://leeeeee.web.fc2.com/hirie.png

 

 

実店舗では2500円で販売されており

 

雑貨屋さんの他の商品も調べてみると

 

中国輸入の商品が多数並べられていました。

 

 

最近広州で見かけた

 

誰でも仕入れが可能な商品達が

 

たくさんありました。

 

 

中国で仕入れた商品を

 

透明の自社ブランドのロゴが入った

 

袋に入れて販売されていました。

 

 

例えばI PHONEの充電ケーブルなども

 

中国で幾度見た事がある商品達でした。

 

 

ここの雑貨屋の本社はアパレルも

 

展開しているのですが、

 

商品は全て中国で製造された商品達です。

 

 

私達がネット上で行っている物販を

 

リアル店舗で行っているようです。

 

 

ただ、先ほどリンクを貼った商品、

 

この商品はネット上で私が独自に

 

2980円で販売しており完売しています。

 

 

なんと賃金も安いネット方が高く売れているのです。

 

 

こういう結果から見ても

 

賃金が安いネットでの物販の

 

ビジネスモデルはやはり

 

固いと思います。

 

 

とは言え、そろそろリアル店舗のビジネスも

 

やりたいので私は参入していきます。

 

 

こういったリアル店舗とネット店舗での

 

価格差や比較はかなりおもしろいです。

 

 

街に出た時はこういう感じで

 

ビジネス視点から商品を見てみると

 

かなりおもしろい気付きになります。

 

 

とは言え、私が2年前に中国に行ったり

 

最近中国に行ったり

 

経験したからこそ解る事です。

 

 

「ネットだけで簡潔」と言う事が

 

美とされていますが実際はそんな事は無く

 

足を使って実際に目で見るとビジネスはまた

 

広がりますし、

 

ネットだけで簡潔しているライバルとは

 

雲泥の差が生まれます。

 

 

輸入ビジネスをしているのであれば一度

 

輸入元の国に行ってみる事をオススメします。

 

 

直接仕入れにつながらなくても

 

こういった気付きがたくさんあります。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*