【LEE@輸入ビジネス】

515号「雇用する際に大事な事3つ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

スタッフのパフォーマンスを

最大限に引き出す方法を

シェアしたいと思います。

 

具体的にはこの3つが必要です。

 

・ビジョン

・ミッション

・リーダーシップ

 

ビジョンが明確で無ければ

従業員は明確に行動ができないです。

 

それなりに作業はこなすと思いますが

自発的に行動したり

リーダーシップを持って行動したり

それらが出来ないです。

 

社長が何をしたいのか?

どこに向かっているのか?

 

ビジョンを明確にしておくべきですし

その内容をスタッフと共有しておくべきです。

 

誰に聞いても同じ返答が来るくらい

徹底できてると良いのですが

正直私もそこまではできていません。

 

そしてそのビジョンは夢があるような内容が良いです。

 

仕事をする上で一番最悪のパターンが

お金をもらうためだけに働くパターンです。

 

お互いに何も生みません。

 

仕事には確実に情熱が必要ですし

目的意識が必要です。

 

夢があるようなビジョンだと

ワクワクして情熱を注げます。

 

そしてビジョンは簡潔に伝えれる

内容が良いです。

 

例えば「物販で日本1を目指す」とかですね。

 

「物販のAmazon分野の○○カテゴリーで

トップ5位以内を目指す」

 

このような簡潔ではないビジョンは

解りにくいですし、

共有もしにくく、

理解もしにくいです。

 

キャッチタイトルと一緒で

簡潔で解りやすい物が良いです。

 

そしてビジョンを達成するための行動を

ミッションとして設置します。

 

これは数値的な物でも良いですね。

 

ビジョン

↓ ↓ ↓

ミッション ミッション ミッション

 

こんなイメージでしょうか。

 

そして「やり方」はスタッフに任せる方が

懸命です。

 

現場で実務をこなしているスタッフが

一番現場を良くわかっていますし、

いざ素早い決断が必要な時に

そのスタッフ自身で決断できるように

しておくべきです。

 

社長は現場にいない事も多くあると

思います。

 

「やり方」を任せる事により

リーダーシップが生まれ

最善の行動を取れるようになってきます。

 

有名な話ですが1つ例を出してみたいと思います。

 

アポロ11号が月面着陸に成功した時、

10年以内に月面着陸すると言う明確な

ビジョンがありました。

 

そのビジョンは成功したのですが、

スムーズに成功したわけではありません。

 

実は月への降下途中で警報ブザーが鳴り、

現場はすごく混乱した事実があります。

 

何度もシュミレーションをしていたのに

本番の時に限って謎の警報ブザーが鳴ったそうです。

 

その時に管制センターの若い

コンピューターを担当するスタッフが

「GOだ!」と叫んだ事により

月面着陸は成功する事ができました。

 

これは彼が月面着陸をミッションととらえ

そして上司なんて気にせずリーダーシップを

取った行動により、

無事月に着地する事ができました。

 

対象者は少ないかも知れませんが

スタッフがいる経営者の方は

参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*