【LEE@輸入ビジネス】

495号「カンボジアでメルマガ読者さんと会ってきました。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

先日はカンボジア在住の輸出入ビジネスで

 

稼いでいる方とお会いしました。

 

この方と連絡を取り合ったのは前日の夜、

 

離れている場所にいたのですが

 

飛行機で約1時間かかる距離を

 

夜行バスに乗ってホテルまで会いにきてくれました。

 

 

早朝から朝食をしながら色々と

 

話をしました。

 

 

素晴らしい行動力の持ち主です。

 

 

彼はカンボジア貿易業の

 

日本人パイオニアになるべく

 

今こっちに住んでガンガンビジネスを

 

しているようです。

 

 

カンボジアは先日もお伝えした通り、

 

かなりITリテラシーが低いです。

 

 

インフラは整っていない事はないですが

 

日本に比べるとまだまだ、

 

ネットで完結する売買サイトも無く

 

まだまだこれからと言う国です。

 

 

背景には貧富の差が激しく

 

教育を受けられない層が多いと言う

 

理由もあります。

 

 

そういう背景もあり、

 

ネットビジネスはまだまだこれからの国です。

 

 

では彼はどうやって稼いでいるかと言うと

 

「オフライン」や「リアル」です。

 

 

リアル店舗を持って

 

口コミやSNS集客も利用しています。

 

 

そして、実際にこちらに住んで

 

知識や情報を増やしていき

 

ビジネスを加速していっています。

 

 

話を聞いた感じでは

 

今後かなり伸びしろがあるなと感じましたし、

 

どうなりたいか?

 

何がしたいのか?

 

のビジョンが明確でした。

 

 

以前もお伝えした通り

 

これからは楽天や大手家電メーカーが

 

電話やメール以上にレスポンスの早い

 

チャット対応していたりと

 

どんどんリアルになっていくと思います。

 

 

重複しますが最終的に「リアル」に近づく事は

 

これからの日本の物販においても

 

重要になるのかなと個人的には思います。

 

 

カンボジアの彼もリアルに足を使い、

 

市場調査と相場調査を繰り返し

 

今のビジネスが成り立っているだとか。

 

 

誰もやらない事をやる事で参入障壁を

 

作れると言う事です。

 

 

物販の魅力はこういう所にあり

 

各世界中で稼げるチャンスがある事です。

 

 

物販ビジネスは多様な媒体

 

多様な流通

 

多様な商品

 

多様な集客

 

 

 

選択肢がかなり広く、

 

色々な稼ぎ方があります。

 

 

しかし、その中から何を選択するか、

 

いわいる選択力は必要です。

 

 

カンボジアに住んで

 

輸入ビジネスを

 

選択する人はかなり少ないでしょう。

 

 

しかし、彼がそれを選択した理由は

 

やりたい事、ビジョンがあり

 

ビジネスチャンスがあると思い、

 

実践しています。

 

 

例えば昨日記事にも書いた

 

ストールが100円

 

カシミヤが600円

 

これだけでもビジネスをする事は可能です。

 

 

実際にちらっと調べましたが

 

日本の媒体で販売されています。

 

 

ちなみにこのストールやカシミヤの

 

クオリティーはかなり高いです。

 

 

中国で作られている商品よりは

 

クオリティーが高いと思います。

 

 

写真撮影や付加価値の付け方は

 

必要ですが、上級者であれば粗利50%以上で

 

販売する事はできると思います。

 

 

しかし、私はこのプランを

 

現在は選択しません。

 

 

現在はやりたいビジョンがあり

 

今するべき事ではないからです。

 

 

またこのビジネスには

 

付加価値をつける事にすごく手間がかかる事と

 

参入障壁が低い事も理由の1つです。

 

 

少し前にもお伝えしましたが

 

どうなりたいか?

 

その上で何を選択するか?

 

これが一番重要です。

 

 

私は現在会社経営を選択し、

 

貿易業を選択し、

 

欧米輸入を選択し、

 

Amazon、ヤフオク、ネットショップ、楽天を選択し、

 

ビジネスを進めています。

 

 

最終的にどうなりたいか?

 

どうなりたくないか?

 

 

彼のようにやりたい事を

 

ビジネスにする事こそ

 

最高の生き方かなと思います。

 

 

そして足を使ってのリサーチは

 

今の時代に反比例しているかも知れませんが、

 

彼のように稼いでいる事実から

 

その選択肢は有りかなと思います。

 

 

今は選択しませんが

 

もしかすると今年残り7カ国行く中で

 

その選択をするかも知れません。

 

 

海外に行かれたる際は

 

是非ビジネス視点も含めて

 

足を使って色々と情報収集をすると

 

おもしろいですよ。

 

 

以前に韓国に行った時も

 

足を使った結果、

 

誰も扱っていない商品を

 

今扱う事ができています。

 

 

もしくはめぼしい商品がある場合は

 

情報を持っている方と

 

情報交換すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

■ご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*