【LEE@輸入ビジネス】

485号「ビジネスには練習が無いがその分…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

オリンピックが盛り上がっていますね。

 

 

浅田真央選手が前回の16位から

 

フリー演技で現在暫定トップです…

 

※21日3時現在

 

 

この一回か二回かの「本番」のためにどのくらい

 

「練習」を積んで来たかと思うと

 

夜な夜な見てしまいます。

 

 

スポーツや競技と違って

 

ビジネスって練習が無いんですよね。

 

 

常に本番です。

 

 

逆に言うとスポーツは本番しか

 

結果を得れるチャンスは無いですが、

 

ビジネスって何度でも本番にチャレンジできるので

 

チャンスは無限にあります。

 

 

ですので、本番で自分で経験して

 

データを蓄積して成長していくしか

 

方法は無いんですね。

 

 

ただ、継続して実践していくと

 

資金が増え、選択肢が広がり、

 

毎年業績はアップしていきやすいので

 

何度も言っていますが、

 

やり続ける事が大切です。

 

 

様々な媒体がある中で個人的に

 

一番難易度が高い販売方法は

 

ネットショップだと思います。

 

 

集客を自分でしないといけないので

 

ヤフオクやAmazonより難易度は

 

もちろん高いです。

 

 

事実、物販系の情報発信者で

 

ネットショップを運営している人は

 

かなり少ないです。

 

 

そして、一番難易度が高い仕入方法は

 

OEMやメーカーになる事だと思います。

 

 

自社商品を作る事です。

 

 

つまり、一番難しいのは

 

自社商品を自社媒体で販売する事ですね。

 

 

私はネットショップは運営していますが

 

自社商品はまだ作っていません。

 

 

今年中に作り、最終的には

 

自社サイトで販売して行きます。

 

 

仕入量が増やし売上高を伸ばして行く事も

 

もちろん成長と言えます。

 

 

しかし、ほとんどの人が1つの媒体での

 

売上げや利益を目標として

 

ビジネスを進めています。

 

 

そしてある程度の目標が達成できたら

 

それを維持するか、

 

またチャレンジするか、

 

経営者の気質により異なってきます。

 

 

私はどんどん経験してチャレンジを

 

続けたい派なのでこれからも新しいチャレンジを

 

し続けると思います。

 

 

そのためには一人ではリソース不足なので

 

事業責任者を雇って手伝ってもらっています。

 

 

今後も雇用は続けると思います。

 

 

あと、こんな事を言うと夢が無いと

 

思われるかも知れませんが

 

事実をお伝えすると…

 

 

物販は燃え尽き症候群になる事があります。

 

 

私も以下のように何回かありました。

 

 

ヤフオクで燃え尽き症候群

 

Amazonで燃え尽き症候群

 

ネットショップで燃え尽き症候群

 

そして今と言う感じです。w

 

 

おもしろく無いおもしろいの問題では無く

 

ある程度、理解してビジネスになれば

 

興味が以前より薄れてしまいます。

 

(とは言え、最適化や改善は常に行っています。

)

 

やはり一番成長できる時って本番ですね。

 

 

知らない事を勉強して知り、

 

0ベースからビジネスを作り上げる時が

 

一番楽しいですし、モチベーションも上がります。

 

 

ですので物販の成長はどんどん

 

他ジャンル、他媒体等に

 

チャレンジして行く事が

 

正解だと思います。

 

 

そうなると事業をシフトする選択肢も

 

出てきますし、

 

事業を人に任せる事もできます。

 

 

なんだかんだどんな事でも

 

練習より本番が一番スリルがあって楽しいので、

 

練習ができず本番しかないビジネスは

 

逆にビジネスならではの特権とも言えるでしょう。

 

 

そして、何よりも本番は練習では

 

なり得ない成長につながりますね。

 

 

できるだけ多くの本番にチャレンジして

 

チャンスの機会を増やして行きたいですね。

 

 

 

■ご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

コメントを残す

*