【LEE@輸入ビジネス】

479号「選択肢とリソース」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

昨日の価格差のある商品は

 

かなり多くの方が見ていましたね。

 

 

やはり価格差のある商品は誰もが

 

知りたいですね。

 

 

昨日紹介した商品は私なら

 

在庫を持つ商品も中にはありましたが

 

無在庫出品する商品もありました。

 

 

Amazonでの在庫、無在庫

 

ヤフオクでの在庫

 

楽天での在庫、無在庫

 

ネットショップでの在庫、無在庫

 

と言う選択肢がありました。

 

 

以前もお伝えしましたが

 

選択肢は多ければ多い方が良いです。

 

 

ただしリソースが問題となります。

 

 

リソースが無いのに

 

選択肢を増やしすぎると

 

どっち付かずでビジネスが

 

うまくいかない事があります。

 

 

一人のリソースは限られてますので。

 

 

リソースがある場合は

 

選択肢が多い方が良く

 

多店舗展開はオススメです。

 

 

で、リソースの増やし方ですが

 

幾つか方法があります。

 

 

外注、雇用、ツール

 

この3つの方法があります。

 

 

JVと言う選択肢もありますが

 

リソースは逆にかかる事も

 

あるので今日は割愛します。

 

 

最近オススメのツールは

 

google Chromeになりますが

 

 

「Quick Note」

 

https://chrome.google.com/webstore/detail/quick-note/mijlebbfndhelmdpmllgcfadlkankhok?hl=ja

 

 

オンライン上でメモを取る事ができ

 

保存もでき便利です。

 

 

リサーチでも使えます。

 

 

「すべてを検索」

 

https://chrome.google.com/webstore/detail/search-all/eekjldapjblgadclklmgolijbagmdnfk

 

様々な検索エンジンにワンクリックで

 

アクセスできます。

 

 

リサーチする際やプライベートでも

 

活用しています。

 

 

後に紹介している「すべてを検索」は

 

オプションで設定すれば

 

カスタムURLも追加できます。

 

 

自分の好きな検索エンジンを並べる事ができます。

 

 

タオバオやamazon.comはデフォルトで

 

設定されています。

 

 

google上で検索すると

 

上部に各設定してある検索エンジンボタンがあり

 

クリックするとその検索に飛びます。

 

 

またキーワードを選択して

 

右クリックを押すと様々なサイトで

 

簡単に調べる事ができます。

 

 

少し話しは脱線しましたが、

 

リソースを増やすには3つの方法があります。

 

 

それぞれのビジネスのスタイルが

 

あるので、全員に当てはまりませんが

 

私のオススメは雇用です。

 

 

何故なら作業では無く

 

仕事をしてくれるからです。

 

 

またこれは個人的にですが

 

スタッフが居て1つの目標を達成したり

 

課題をこなしていく事が結構好きです。

 

 

1年前できなかった事が

 

できるようになったり、

 

成長していく姿を見るのも

 

私の楽しみでもあります。

 

 

そして会社の営業担当は私しかいない

 

と言う事も雇用を選んだ理由の1つです。

 

 

・仕事を受注してきたり

 

・仕事を見つけたり

 

・お金を作る事

 

 

これらは私の会社の場合は

 

社長が担当していると言う理由もあります。

 

 

外注やツールを活用する事は

 

ある程度の規模になると

 

必要にはなってきますが

 

やはり作業ベースになります。

 

 

・商品登録

 

・リサーチ

 

・梱包&発送

 

 

これらが組み合わさって

 

ビジネスになるのですが、

 

1つ1つの作業ベースの依頼しか

 

できません。

 

 

・売上げを○○円上げる

 

 

このような指示は外注やツールでは

 

できませんね。

 

 

もちろん当社もツールや外注は

 

両者使っていますが、

 

作業ベースの事を担当しています。

 

 

スタッフが売上げを最大限に上げれるために

 

必要な作業を外注やツールで補填しています。

 

 

そしてスタッフには「仕事」を

 

担当してもらっています。

 

 

ここは大きな違いです。

 

 

リソースを増やす方法は3つありますが

 

リソースを増やしたいと言う人は

 

この記事も加味して選定してみては

 

いかがでしょうか。

 

 

ビジョンや将来設計にもよりますが

 

最初はまず外注から入るのが無難ではあります。

 

 

 

 

■ご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*