【LEE@輸入ビジネス】

475号「もっと稼ごうと思うのであれば」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

物販ビジネスで稼ぐなら

 

2つの方法しかありません。

 

 

「高く売る」か「安く買う」

 

シンプルに考えるとこの2つしかありません。

 

 

で、現状はほとんどの人が

 

サイト仕入→サイト販売を

 

行っています。

 

 

もちろん当社もサイトで仕入れる事もあります。

 

 

それで利益が取れているので

 

現状はサイト仕入でも

 

成り立つビジネスと言う事です。

 

 

しかし、更に稼ごうと思えば

 

「高く売る」か「安く買う」

 

このどちらかです。

 

 

以前もお伝えした事がありますが

 

「高く売る」事は難しいです。

 

 

プラットフォームでは簡単に

 

価格比較されるため

 

やるのであればネットショップですが

 

ネットショップでも相場より

 

大幅に高く売る事は難しいでしょう。

 

 

それに比べ「安く買う」事は

 

簡単にできます。

 

 

例えばですが

 

最近中国輸入を一人のスタッフに

 

やってもらっていますが、

 

最初はタオバオ仕入れで

 

Amazonや楽天で販売していました。

 

 

しかし、それらの商品を

 

中国のパートナーに対して

 

仕入価格を聞いてみたところ、

 

タオバオの半額や4分の1や

 

あるいはもっと安く仕入れる事が

 

できる事が判明しました。

 

 

と言う事は仕入が安くなる分

 

利益が増えると言う事ですね。

 

 

だいたいサイト仕入でも中国の場合は

 

利益率50%程の商品が多いので

 

仕入が半額になるだけで利益率が

 

75%になります。

 

 

原価率がどんどん下がっていき

 

利益率が伸びますね。

 

 

何が言いたいかと言うと

 

もちろんサイト仕入でも

 

稼げる事は稼げますが

 

今以上を目指すのであれば

 

どんどんサイト仕入からの脱却を

 

考える必要があると言う事です。

 

 

こちらも最近あった事ですが、

 

サイト仕入でも信頼が積み重なると

 

先方から直接取引の連絡が入る事も出てきます。

 

 

Amazon.comで

 

何度もリピートで仕入をしていた

 

出品者から直接連絡が来て、

 

卸価格のオーダーシートを

 

くれるようになり、

 

かなり安く仕入れる事が

 

できるようになりました。

 

 

ネットショップも運営している

 

セラーらしく、そこのサイトを

 

当社が知らず知らずのうちに

 

利用していたみたいで、

 

当社の連絡先がわかったみたいです。

 

 

中長期的にビジネスをする場合は

 

サイト仕入からの脱却は

 

常に考えておく問題なのかなと思います。

 

 

 

 

 

■ご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

コメントを残す

*