【LEE@輸入ビジネス】

473号「Amazonの恐ろしい事実が発覚」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

最近私の会社にはAmazonの

売上げを伸ばすための担当者が

専属で付きました。

 

と言うのも、

最近始まったAmazonのサービスらしく

出品数が少ない出店者に向けて

ランダムでサポートをしているようです。

 

単純なサポートでは無く

こちらから連絡せずとも

ガンガン電話がかかってきて

提案やアドバイスをくれます。

 

一括出品用のCSVを作ってくれたり

他実積の出ている成功事例を教えて

くれたりします。

 

しかも…

 

かなりAmazonの裏側を

教えてくれます。

 

今日解った事があったので

シェアしたいと思います。

 

恐ろしい事実です…

 

カートボックス獲得についての

内容です。

 

今専属でサポートしてもらっている

アカウントは実は一度アカウントが

停止になっているアカウントです。

 

停止になった理由は並行輸入の記載の無い

商品ページに並行輸入品を外注が間違えて

出品していた事が理由です。

 

その影響もありなんと、

カートボックスが絶対に取れないように

設定がされていたそうです。w

 

恐ろしくないですか?

 

現状はサポート担当者が

解除依頼を投げてくれています。

 

カートボックスがどうしても

取れないと言う方はもしかしたら

そういったAmazon側の設定が

関係しているかも知れません。

 

一般的にはかなり希少なようですので

対象者は少ないかも知れません。

 

念のためカートボックス獲得条件を

再度記載しておきます。

 

・FBA納品の有無(配送スピ―ド)

・評価

・顧客満足度指数全般

・価格

・在庫数

・出品期間と取引の数

・大口出品であるかどうか

 

カートボックスが絶対に取れないように

するAmazon側の設定に関しては

対策のしようが無いのですが

担当者が付いた時は一度

聞いてみると良いでしょう。

 

今後も脱プラットフォームが

目標になりそうです。

 

本件から考えてもプラットフォーム側から

放ってはおけない企業に育ちたいなと

思いました。

 

また今日のAmazon側の設定に関して

何か情報がありましたらシェアしていきます。

 

 

■ご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*