【LEE@輸入ビジネス】

471号「LEEの1日のスケジュール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

本日は私の1日のスケジュールを

メルマガで公開してみようと思います。

 

興味の無い人はスルーして下さい。w

 

「いつ寝てるんですか?」

とスタッフから言われたり

「忙しいですね!」

と読者様に会った時に言われますが

結構寝てますし、結構暇です。

 

こんな事を言うと仕事しろよ!

と思うかも知れませんが、

暇(考える時間)が経営者にとって

最も大切なのです。

 

だからあえて暇を作っています。

 

チャットが夜中に届くのは

寝る前に仕事の事を考えると、

気付く事があったり

アイデアが浮かぶからです。

 

忙しく見えるのは

忙しい事を好んでやっているからですね。

 

■現在のタスク

———————————————

 

7時10分頃

自分のメルマガがIPHONEに届き

一旦起床

9時完全起床

ニュースやメールやチャットのチェック

チャットでスタッフのマネジメント

(何か問題が無いかどうか、

緊急性の高い事は無いか等)

昼食(だいたいラーメン)を取りながら

タスクをチェック

13時頃に会社に出社

タスクをひたすらこなす

スタッフとMTG

外部との打ち合わせ

夕方は糖分を取り空腹を満たす

タスクをひたすらこなす

(考える時間も多い)

メルマガを執筆

月や週のタスクチェック

翌日のタスクチェック

21時〜24時に退社

夕食(ラーメンかスーパーか)

帰宅

PCでチャットの返信や

ネットサーフィン

風呂

映画鑑賞 or 読書

3時頃に就寝。

 

———————————————

 

このような感じです。

 

睡眠は結構取るようにしています。

その方が集中力が保てます。

 

もちろん最近は外での打ち合わせや

会社出勤後、夜は打ち合わせと言う

パターンも多いです。

 

出張や何も予定が無い時は

会社で滞在している時間は

上記のように長いです。

 

何故会社に行く時間がお昼かと言うと

私はスタッフ帰社後の会社が最も集中でき

また起業当時を思い出す事ができ

仕事をすらすらできるからです。

 

これは会社じゃないとダメなのです。

 

カフェでも自宅でも

ホテルでもなかなか事務所での

集中力を再現する事はできません。

 

ですので、夜 誰もいない事務所で

一人で仕事するのが好きです。w

 

参考程度に起業当時のタスクを記載してみます。

※こちらの要望が読者から多いです。

 

■起業当時のタスク

——————————-

 

10時〜11時起床

起きた瞬間に

取引連絡とebayメールのチェック

食事

タスクのチェック

梱包、撮影、出品 2〜3時間

夕方頃からリサーチ 2〜3時間

梱包資材や商品の片付け

夕食

リサーチ 2〜3時間

風呂

テレビ

眠りに落ちるまでリサーチ 2〜3時間

5時頃就寝

———————————————

 

まぁ、ひたすら実務とリサーチを

やっていました。

 

当時のパソコンは起動に10分かかる

ロースペックPCで本当に非効率。

 

稼働時間の半分ぐらいの時間は

リサーチしていました。

 

今と起業当時では色々仕事内容は

変わっていますが

1つだけ変わらない事があります。

 

それは「PCを触っている時間」です。

 

やはり1日に10時間〜12時間程度は

PCを触っています。

 

常にタイピングしているのでは無く

マウスを中心としてマーケティングをしたり

分析をする時間も多いです。

 

一時期PCを触る時間を減らそうと

加圧トレーニングに行ったり

色々と試行錯誤しましたが

調べたいと言う本人の意思を

尊重する事にしました。

 

最近は休みと言う概念が無いので

触っている時間は全て仕事かと言えばそうですし

趣味かと言えばそれも当てはまります。

 

何時間仕事をしているか?と

尊敬する社長達に聞く事も多いですが

私以上にPCを触っている社長もいますし

同じか少し少ないぐらいが多いです。

 

私の年収の数倍あるような人でも

答えは同じでした。

 

人それぞれみたいですが、

PCを常に触っている社長の方が

圧倒的に多いです。

 

これは何を意味するかと言うと

仕事が好きだと言う事でしょうか。

 

読者様から要望があったのと

たまにはこんなメルマガも

有りかなと思い書いてみました。

 

いかがでしたか?

 

■ご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*