【LEE@輸入ビジネス】

465号「プラットフォームでは知る事ができない情報を入手する方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

最近は外の打ち合わせのため

街に出る事が多く時間が空いた時は

ショッピングセンターに行くのですが、

リアルリサーチは結構楽しいです。

 

リサーチと言う感覚と言うよりは

ウィンドウショッピングをしている感覚です。

 

自分が扱ってる商品はたまには

リアル店舗で見ると良いです。

 

どこが良いかと言うと

リアル店舗価格が解る事と

どんな人がどんな行動を取るか?

これらを分析する事ができるからです。

 

買う理由

買わない理由

物事には必ず理由があります。

 

特にプラットフォームでは

この理由の分析がなかなか

出来にくい事が現状です。

 

ネットショップなら

まだ解析が可能ですが

プラットフォームでは

解析できる箇所が限られています。

 

例えばネットショップの言葉で言うと

・カート離脱率

例えば何人がショッピングカート(買い物かご)に入れて

その内の何人が購入に至らなかったのか?

 

・どんなキーワードでアクセスが集まっているか?

・どこがポイントでその商品に興味を持っているか?

等々

 

これらはヤフオクやAmazonでは

現状では分析が不可能です。

 

しかしリアル店舗での顧客の行動を見ると

分析する事ができます。

 

尚、数値だけでは無くやはりリアル店舗で

 

実際に自分の目で見ているために

 

すぐに自分の中で腑に落ちます。

 

また自分も実際に扱っている商品を

触ってみると良いです。

 

数値分析はかなり大切ですが、

それ意外の感覚やイメージの部分も

ビジネス面では大切です。

 

リアル店舗で顧客の行動を見たり

自分で触ってみると

ネットではマーケティングが難しい

箇所のリサーチができたり、

また感覚的にですが、

身にしみて自分の商品について

知る事ができます。

 

例えば何歳ぐらいの顧客がよく興味を示しているか?

性別はどちらの人が多いのか?

 

これらはリアル店舗で少し観察すると

すぐに知る事ができます。

 

プラットフォームでは

知る事ができない情報を拾えます。

 

もちろんリアル店舗で

丸一日中の時間を使い

分析する事は難しいですが

少しの時間でも実際の顧客の行動を見ると

新たな発想が生まれたり

改善ができたりします。

 

ですので、

たまにはリアル店舗のリサーチも

行うと面白いと思います。

 

これは結構オススメです。

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*