【LEE@輸入ビジネス】

456号「月商450万→月商1800万」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

売上げ=集客×購買率×客単価

 

についてお伝えしたいと思います。

 

 

これはネットビジネスの

 

基本中の基本です。

 

 

当社では最近楽天に出店しました。

 

 

スタッフと色々打ち合わせを

 

行いながら進めているのですが、

 

その中でこんな会話をしました。

 

 

スタッフA:昨日商品が○個売れました!

 

アドバイス通りにキーワード選定を

 

見直したからだと思います。

 

 

私:どのくらいアクセスが伸びたの?

 

 

スタッフA:えっと。。。

 

 

結論、スタッフは数字の把握が

 

できていませんでした。

 

 

数字の重要性をまだ教えていませんので、

 

このスタッフが悪いと言うわけではありません。

 

 

よくよく考えると

 

自社サイトと比較すると

 

特にプラットフォームでは

 

数字の把握はあまりできていない

 

場合が多いです。

 

 

と言うのも数字の把握無しでも

 

売上げが上がってしまうからです。

 

 

ヤフオクであれば

 

ウォッチリスト、アクセス総数、入札数

 

Amazonであれば

 

ほとんどの人がランキングを

 

見ています。

 

 

間違いなくヤフオクやAmazon本体は

 

その他の数字も見てサイト改善をしています。

 

 

上記の事もあり

 

私達が何も対策しなくても

 

勝手に各媒体がインターネット市場における

 

最適化(集客等)を行ってくれています。

 

 

つまり、売れる商品を

 

出品するだけで売上げがたちます。

 

 

Amazonのビジネスレポートの例を出すと

 

最近当社でもここには力を入れていますが、

 

Amazon出店者のうち、

 

ビジネスレポートを活用している人は4割程です。

 

 

つまり10人のうち6名はビジネスレポートは

 

使っていません。

 

 

Amazonにおいては様々なツールがありますが

 

確実に正しく、

 

確実に分析ができるのは

 

Amazon本体が提供している

 

ビジネスレポートです。

 

 

当社でも最近ビジネスレポートを用いて

 

対策した結果、

 

月売上げが100万以上がった例もあります。

 

 

Amazonではアクセスのある

 

キーワードまでは見れませんが、

 

様々な数字を見る事ができます。

 

 

商品にアクセスした人数(セッション)

 

商品にアクセスされた回数(ページビュー)

 

購買率(ユニットセッション率)

 

 

等々

 

 

これらの数字を見るだけでも

 

改善が可能です。

 

 

またカートボックス獲得率も

 

見れます。

 

 

例えば以下のような数字の

 

日売上げがあると仮定しましょう。

 

 

客数1000名

購買率0.5%

客単価30000

売上げ15万

 

 

・購買率を0.5%上げた場合

 

 

客数1000名

購買率1% △

客単価30000

売上げ30万

 

 

・集客を倍にした場合

 

 

客数2000名 △

購買率1%

客単価30000

売上げ60万

 

 

月商450万

 

月商900万

 

月商1800万

 

 

と大きく数字が異なりますね。

 

 

ですので、

 

売上げ=集客×購買率×客単価

 

これは常に意識しておきましょう。

 

 

 

ビジネスでは非常に重要な事です。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*